METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

KIKUKAWAのテクノロジー

homeKIKUKAWAのテクノロジーシルキーブラスト®仕上げ

シルキーブラスト®仕上げ

シルキーブラスト®は、金属(ステンレス)でありながら「絹のような光沢のある仕上げ」です。お客様のご要望に応えるために開発し、高い評価をいただいています。

この仕上げはステンレスの表面に、さまざまな研磨材を吹き付けることで完成します。従来のビーズブラストに代表されるブラスト仕上げを、KIKUKAWA独自の技術力とノウハウを駆使することで、ムラなく高級感のある化粧仕上げへと向上させました。素材感を活かしつつ、光沢度合いや、ざらつきも異なる表情を作り出せます。

例えば、細かなブラスト素材を用いたものは、表面も滑らかで、白銀のような上品な仕上がりになります。反対に、粗いブラスト素材を用いた場合、荒々しい重厚感を演出できます。

対象となる素材がステンレスということもあり、シルキーブラスト®は、内装だけでなく、外装や設備など幅広い用途にご使用いただけます。不動態皮膜をKIKUKAWA独自の技術で施すことで、ステンレス本来の特性を強化し、美しさをより長い間楽しむことができます。

KIKUKAWAでは、MIHOチャペルの18mの外装パネルや東京駅丸の内駅舎ドーム柱型のファサードなど、さまざまな事例でこのシルキーブラスト®仕上げの美しい製品を納品してきました。ひねりのある長尺パネルやジョイント目地のないスッキリとしたピロティの丸柱、ブランド店の内外装といったカタチでお客様やデザイナー様の夢を実現しています。

伝統技術と先端技術を高次元で融合することで実現したKIKUKAWAの美しく表情豊かな仕上げをぜひご活用ください。

主な特長・ ブラスト素材の種類、大きさにより、仕上げの調整が可能
・ ステンレス特有の高級感を活かした仕上げ

「シルキーブラスト®仕上げ」が使用されている施工事例