METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

トピックス

homeトピックス災害にそなえるソーラーLED街路灯「エコアヴェニュー」

2019年11月12日

メタルワークNEWS

災害にそなえるソーラーLED街路灯「エコアヴェニュー」

KIKUKAWAでは、これまで培ってきた金属加工技術を生かし、太陽光発電システムなどの再生可能エネルギーを活用する環境製品を提供しています。

KIKUKAWAのエコシア・環境製品事業についてはこちら

その中の主力製品である、ソーラーLED街路灯「エコアヴェニュー」シリーズは、クリーンな太陽光エネルギーで昼間に発電・蓄電し、夜間はバッテリーの電気を使って点灯する独立電源型。「安心を照らす。災害にそなえる。」をコンセプトに、災害時や停電時にも明かりをもたらし、地域へ安心を提供します。
それに加え、設置方位を選ばない両面受光型ライトスルー太陽光パネルと2本支柱の組合せは、デザイン性にも優れスタイリッシュな街路灯となっています。

ソーラーLED街路灯「エコアヴェニューこみち(防災タイプ)」<リパーク幕張ベイタウン第2駐車場>
ソーラーLED街路灯「エコアヴェニューこみち(防災タイプ)」
<リパーク幕張ベイタウン第2駐車場>

今回ご紹介するのは『三井のリパーク』の各所に採用して頂いた、ソーラーLED街路灯「エコアヴェニューこみち(防災タイプ)」。「エコアヴェニューこみち」は、ラインアップの中でも、デザイン性をそのままに、基本性能と導入し易い価格を両立させた街路灯です。

ソーラーLED街路灯「エコアヴェニューこみち(防災タイプ)」と防災ボックス詳細
ソーラーLED街路灯「エコアヴェニューこみち(防災タイプ)」と防災ボックス詳細

防災ボックスは、防災用品(救急用品・手回し充電ライト付ラジオ・アルミブランケット・災害用トイレ)と非常用電源を2口搭載。非常時にはスマートフォンや携帯電話などの充電もすることができます。

ソーラーLED街路灯「エコアヴェニューこみち(防災タイプ)」<左:リバーク横芝駅前駐車場 右:リパーク幕張ベイタウン駐車場>
ソーラーLED街路灯「エコアヴェニューこみち(防災タイプ)」
<左:リバーク横芝駅前駐車場 右:リパーク幕張ベイタウン駐車場>
ソーラーLED街路灯「エコアヴェニューこみち(防災タイプ)」<たまプラーザ駅前第3駐車場>
ソーラーLED街路灯「エコアヴェニューこみち(防災タイプ)」
<たまプラーザ駅前第3駐車場>

『三井のリパーク』を展開する三井不動産リアルティ株式会社は、利用者や住民が災害や停電時などにも安心できる「防災パーキング」として、これらの駐車場を位置付けています。駐車場としての使いやすさはもちろん、災害時には足止めを余儀なくされた人たちの一時避難場所を提供することでプラスアルファの役割を担い、地域社会に貢献しています。
「リパーク幕張ベイタウン駐車場」など、今夏の大型台風による被害が多大であった地域においても、問題なくその性能や役割を全うしています。

KIKUKAWAのソーラーLED街路灯は防災タイプ以外にも、屋外型AED収納ボックスを搭載した「エコアヴェニューAED」や、観光や災害時対策で光と情報を届ける充電ステーション「シティコネクト・ライトステーション」など、シーンに応じた製品を取り揃えています。また、昨今の環境に対する関心の高まりや省エネへの要求、大型の地震や台風などの災害に対する防災意識の高まりを受け、それらの要望を満たす環境製品開発にKIKUKAWAは今後とも力を入れてまいります。
ソーラーLED街路灯を始めとした環境製品に対するご相談やご要望がありましたら、ぜひお問い合わせください。

KIKUKAWAの環境製品の詳細は下記をご参照ください
https://www.citytexture.com/