METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

KIKUKAWAイズム

homeKIKUKAWAとはKIKUKAWAイズム

ある時は街のランドマークとして、ある時は美しいモニュメントとして、現代社会においてメタルはさまざまな建築物の可能性を広げています。 創業以来、KIKUKAWAは金属素材による1点物の外装・内装を中心に、つねに変化する時代の要請に応えてきましたが、それらを支えてきたのが“KIKUKAWAイズム”とでも言うべき熱意と技術力。メタルワークに対して一貫してきたその「こだわり」を、各部門リーダーからのメッセージ・フレーズとともにご紹介します。

KIKUKAWAイズム01:顧客対応力「ワン・ストップ・ソリューション」

全社の能力を結集して解決策を提案する

お客様のご要望に対し、設計から施工まで“ワンストップ”でお応えできるのがKIKUKWAの特長。
難度の高い課題でも、全社を挙げて取り組むことによって、実効性の高い解決策をご提案しています。

  • 佐藤常務
    目標を明確にして全社員がベクトルを合わせ、QCDSMの改善活動に挑戦・努力し続けている。
  • 前田部長(製造部)
    品質確保・納期遵守とともに生産性を考慮し、設計・施工部門と事前打合せなどで協議することにより、最終的にお客様に高評価を得られる製品づくりをしている。
  • 宇津野部長(海外営業)
    営業の積極的な活動だけでなく、知恵をしぼった設計の参考図や高品質のモックアップなど、設計・製造各部門の積極的な協力体制が備わっている。
  • 渡辺部長(国内営業)
    過去の実績により獲得した品質に対する信頼を、グループ全体の総力によって維持しようという意識の強さがある。
  • 薄井部長(設計部)
    製造・施工の見解を取り込んだ図面の構築と、DRなどで後部署の見解や試作検証をすることで、製作・取付効率を考慮した図面を作成している。

KIKUKAWAイズム02:品質対応力「Never Say No」

徹底的に“こだわり抜く”というDNAを継承

これまでメタルワーク一筋に歩んできた豊富な経験とノウハウが、世界でひとつだけの製品を生み出し、
けっしてNoとは言わないその品質へのこだわりが、日本をはじめ世界中で認められています。

  • 佐藤常務
    お客様のあらゆる要望に対して、できない事は無いという姿勢で果敢に挑戦し、製品作りから施工までを行い、QCDのすべての面で満足いただいている。
  • 前田部長(製造部)
    設計などの他部署を巻き込んで、高品質な製品を造り込もうとする姿勢と、若い管理者(平均年齢30歳以下)でも積極的かつ自主的に業務に取り組むことのできる環境がある。
  • 宇津野部長(海外営業)
    お客様の要望に対し、最大限こたえようとする熱意と、お客様が求める最高の製品は何かを自ら考えて提案する営業スタイルが貫かれている。
  • 渡辺部長(国内営業)
    お客様の要望を正面から受け止め、真面目に対応するのが特徴。お客様の要望に対し、途中であきらめずに、とことん研究し、要望に合うサンプル・モックアップを提供しようというねばり強い気質を持っている。
  • 薄井部長(設計部)
    お客様の要求品質を理解し、それをできる限り実現させようとする誠意を持った対応。ニ-ズに応えるべきチャレンジ精神と過去の実績が、それを支えている。

KIKUKAWAイズム03:技術対応力「職人技×最新テクノロジー」

相乗効果によってオンリーワンを生み出す

建築家や設計士、建設会社からの多種多様な要望に対し、高い技術力で応えてきたKIKUKAWA。
他にはない職人技と最新鋭の機械群が、つねに新しい成果を創出し続けています。

  • 佐藤常務
    ものづくりの基本は、正攻法で事前計画をして製作することであり、そのために目標にむかってP・D・C・Aの管理サイクルを実行しながら、技術の習得に努めている。
  • 前田部長(製造部)
    大型レーザー,タレパン,8mベンダー,ファイバーレーザー溶接機,FSWなど、同業他社にない機械設備があり、特に板金加工(曲げ加工)は、各種ベンダーを駆使して他社には出来ない加工が可能。
  • 宇津野部長(海外営業)
    製品の製造現場や過去の様々なプロジェクトのモックアップを実際に見て、触れてもらえる工場があり、見学していただけることが強みとなっている。
  • 渡辺部長(国内営業)
    お客様と営業部員が若返っていくなかで、個人のつながりの継承と共に、あらたな顧客開拓が求められており、それらが全社的な対応ができる体制づくりへと結びついている。
  • 薄井部長(設計部)
    個々の知識とともに、今まで蓄積した技術ノウハウを伝承すべく、データベ-ス化を続けている。

KIKUKAWAイズム04:未来対応力「不可能を可能にする 」

挑戦し続けることによって明日を切り拓く

KIKUKAWAイズムとは、不可能に思えることを可能にするため挑戦を続け、その歩みを止めないこと。単にお客様の要望に応えるだけでなく、それ以上の付加価値を生み出すことをモットーとしています。

  • 佐藤常務
    お客様のニーズを把握して製品企画を行い、スピーディーに対応。何事にも目標を持って積極的に取り組む姿勢を堅持している。
  • 前田部長(製造部)
    明るく、正しく行動することが明日への活力になるとともに、常に新しいことに挑戦しながら、改革していくという気持ちを待ち続けることが、次を見る目(事前計画)を養うことに結び付いている。
  • 宇津野部長(海外営業)
    誠心誠意、お客様にむかいあう姿勢。何事にもチャレンジしていける積極性。
  • 渡辺部長(国内営業)
    向上心は周囲から与えられるものではなく、自らが作り出した向上心こそが本物である。
  • 薄井部長(設計部)
    金属製品のプロフェッショナルという自覚を持ちながら、安心・安全な製品の供給するとともに、お客様に「誠意」を持って対応することで、その先への架け橋を作っている。