METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

セミオーダー金属建材

home事業紹介 セミオーダー金属建材

KIKUKAWAが手がけてきた金属製品には、オーダーメイドで培われた経験により、お客様のご要望に応えるノウハウと技術が多数あります。
これら独自の技術に焦点をあてることで、デザインを含めた品質と性能を両立する、KIKUKAWAブランドらしい金属建材をラインアップしています。

Kikukawa City Texture(KCT)シリーズ

Kikukawa City Texture/キクカワ・シティ・テクスチャー(KCT)シリーズは、「セミオーダー化による検討期間や製作期間・コストの低減を実現しつつ独自性のある意匠性を確保した金属建材」をブランドコンセプトとしています。
従来のオーダー金属製品のノウハウや実績を集約したうえで、基本的な寸法や仕上、納まりを標準化することで、設計者の検討・作図作業を軽減し、コストを抑えることが可能なハーフオーダーの金属建材です。

KCT01:エキスパンド・メタル

「エキスパンド・メタル」は開放感と適度な遮断性があり、日射や視線を遮るのが特徴です。
建築内外装用として新たにエキスパンドパターンを設計し、パネルを標準サイズ化することで、さらにコストダウンを実現。
また、基準となるファスニングシステムを開発して施工性も大幅に向上させました。

基準サイズは、890㎜×1790㎜。刻み巾の広い、メッシュピッチ76㎜~203㎜の4種類を用意しています。
材質は、アルミで、アルマイトや粉体塗装仕上げがあります。

KCT02:丸柱パネル

通常は現場ごとにオーダーされる「丸柱パネル」を、標準製品としてご用意しました。
設計・施工まで含むフルオーダー品に比べ、標準品ならではの短納期、かつ安価での提供が可能です。
柱の高さは4メートルの長尺まで対応しており、屋外はもちろん、屋内にも用いることができます。
丸柱の表面にはビスやボルトなどが一切なく、ステンレスのメタリックな輝きと相まって、建物のグレードが高まります。

4種類の柱経(φ450㎜・φ600㎜・φ750㎜・φ900㎜)と4種類の表面仕上(HL・PHL・BA・シルキーブラスト)に対応しています。

オリジナル金属建材

ONLY AT KIKUKAWA

KIKUKAWAは、お客様の要望に応える形で、様々な納まりや機構を開発しています。
それらは特許を出願するレベルであり、いくつかは汎用性を持つ形で再構築され、設計者などのお客様へ提案できる形となっています。

  • みえない点検口天井システム

    点検部の鍵穴やロック機構を内部に組み込み一体型とした天井パネルを採用。
    突起部分がいっさい化粧面に出ず、天井のビジュアルを美しく保ちます。

  • パンチング付エキスパンドメタル「ラタン RATTAN」

    ストランドの刻み幅を広くしたエキスパンド・メタルにパンチングを施すことで、透過性を高めた製品です。
    内側からの景色が視界良好となり、通気性にも優れます。
    (KCT01との組み合わせも可能です)

  • 超大型折り戸 SLFドアー「しゅもん」

    シャッターやオーバースライダーに代わる、機能とデザイン製を兼ね揃えた、大開口部用の超大型折り戸です。
    こちらは、ドイツのガートナー社と技術提携して製造・販売しています。

オリジナル・テクスチャー

KIKUKAWAは、金属に様々な模様をつける独自の技術があります。
これらのテクスチャーに、ブロンズには古美(ふるみ:硫化イブシ)仕上を、アルミなら特殊塗装を施すことで、さらにデザインの可能性を広げることができます。

  • 槌目(Tsuchime)

    日本の伝統工芸である槌目模様を、職人技でひとつひとつ打ち出す手法はそのままに、独自の工法で製作します。

  • ラフトーンメタル

    キャストのテクスチャーをパネル成形によって表現します。
    パンチング技術によるPシリーズと、ロールエンボスによるRシリーズを用意しています。

  • アートパンシングパネル「サンシャドー」

    独自の抜き型とプログラミングで、パンチングにてアートを描きます。
    「さくら」「あさがお」「いちょう」や「ちょう」「とんぼ」などのパターンがあります。

KCTシリーズやオリジナル建材についての質問やご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
今後も様々な金属建材を開発・販売する予定です。 ご要望やアイデアがありましたら、随時、募集しております。