ライトスルーモジュール

両面受光の特徴を活かし、表面・裏面共に強化ガラスを採用。美しいデザインと透過性、合わせガラス独自の堅牢性を実現しました。

ソーラーカーポート、フェンス、街路灯など可能性は無限大。様々なアプリケーションにご活用ください。

両面受光型太陽電池とは

両面受光型太陽電池とはその名の通り、表面・裏面の両方が受光面となったソーラーパネルです。
パネルの表面はもとより、裏面からも地上・屋上・雲及び大気中 のあらゆる反射・散乱光を受光し、通常表面の発電量プラスアルファの発電量を得る事が可能です。

一般的な傾斜設置の場合、地面からの反射光や設置環境下の散乱光を裏面で受光することによりパネル1枚当たりの発電量を増大させる事が出来ます。

表面のみの場合
両面受光型の場合

ダウンロード

パンフレット

ライトスルーモジュール (PDF:1.3MB)