METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

プロダクト施工事例

homeプロダクト施工事例渋谷ヒカリエ

渋谷ヒカリエ

渋谷ヒカリエ(夜景)

渋谷ヒカリエ夜景の様子:アーバンコアなどの照明や12FのAL軒天井が映えている

東急シアターオーブ後方の立ち上りを囲うラウンド天井:ルーバーが三次元的に構成されている

東急シアターオーブ下方を囲うラウンド天井:アルマイトルーバーが緩やかな曲線を描いている

●渋谷の新たなランドマークタワーに金属工事で貢献

東急文化会館の跡地に建設された、渋谷の新たなシンボルタワー「渋谷ヒカリエ」の金属工事にKIKUKAWAは参画しました。
中でも、11F~16Fに位置する東急シアターオーブを囲う「ラウンド天井」は、前身の東急文化会館内の「天文博物館五島プラネタリウム」へのオマージュのもと、デザインをこらした三次元的な曲面で構成されています。
意匠設計段階から携わった「ラウンド天井」は、「渋谷ヒカリエ」の東急文化会館のDNAを引き継ぎながら「新たな価値を創造・発信していくプラットフォーム」になることを目指すというコンセプトに貢献することができました。

●三次元的な巨大な球体を囲うアルミルーバー型材

「東急シアターオーブ」の積層する客席を、断面的に下部を囲うような「ラウンド天井」は、R形状に曲げたアルミ押出型材を角度や出入りを調整して立体的に設置することにより、三次元的な巨大な球体(オーブ)のイメージを表現しています。
幅160㎜の表面が3㎜の櫛形のリブ形状になっているルーバー材の総数は、およそ5,900m。基本4列を1ユニットとして配置し、仕上げはアルマイトに全艶の電着クリアーを施しています。
その化粧ルーバーを納めるための下地システムは、最終的な角度や出入りの調整可能な、取付位置を下地精度で担保する構成となっており、場所により異なる取付条件に対して、それぞれ工夫を凝らして対応しました。
13F階段部、三方の壁と庇は、5㎜の1枚もののアルミカットパネルを二重で構成。丸柱との取合いも含めて、ルーバーに対してすっきりと納まっています。

●中層部の外部アルミ工事

中層部の中間の切替部11Fの丸柱は、3㎜のアルミ板のカットパネル。Φ1300㎜を4分割し、4900㎜の高さ方向は分割することなく納めています。
その上部12Fの軒天井パネル部は、2㎜のアルミ板の曲げ加工品。3段の天井と2段の幕板が、外観にアクセントをつけています。
また、中層から高層へ切り替わる17F~18Fの三面を囲う柱型は、部屋内から見える面のみを2㎜のアルミ板で納めています(他面はアスロック)。
これら外装のパネル類は、低防汚性のフッ素樹脂塗装を施してあります。

●スチール厚板による屋根・天井を兼ねた樋工事

縦方向の移動を容易にする地下3Fから地上4Fにわたる吹き抜け空間である円筒形のアーバンコア。半外部である最上部のトップライトに付属する樋は、12㎜のスチール厚板の先端をRに切り出しています。約1300㎜角の、屋根と軒天井をも兼ねているパネルは、鉄骨トラスからの接続や水廻りなどの難しいディテールを、要求に応えた品質で納めています。
アーバンコアを彩る照明の架台や配線カバーの金物も施工しています。とりわけ、方立H鋼の溝を通る配線をカバーするパネルは、化粧材としての役割もあり、フッ素樹脂塗装を施した1.6㎜のスチール板を精度よく納めています。
そのほかにも、サインパネルやカウンターパネル、水切りや巾木・床見切りなどの雑工事にも携わりました。

●広範囲に渡る金属工事に対するKIKUKAWAの対応力

「渋谷ヒカリエ」では上記以外にも、屋上塔屋裏のアルミ外装パネル・13F~17FガラスCW取合の組柱パネル・銀座線への貫通通路の壁パネル・地下3Fのサインゲートパネル・EVホールの壁パネルや照明ボックスなど、そして各所のSUS防護柵をはじめとした雑金物に至るまで、最終的に広範囲の金属工事に携わることになりました。
「ラウンド天井」のような挑戦力を問われる製品からアルミパネルなどの主力製品を、設計から施工まで経験とノウハウを駆使することで顧客の要望に応え続けました。そのことを評価していただいた結果、広範囲に渡る金属製品を納めることとなりました。

 

品名・施工個所 材質 仕上げ・加工
東急シアターオーブ
ラウンド天井
アルミ押出型材 アルマイト+
電着クリアー(全艶)
中層階アルミパネル工事
(柱型・幕板・軒天井)
アルミ 低防汚性フッ素樹脂塗装
アーバンコア・スチール金属工事
(樋・照明カバー・照明架台)
スチール フッ素樹脂塗装
(樋は溶融亜鉛メッキの上)
建物名称渋谷ヒカリエ
施主渋谷新文化街区プロジェクト推進協議会
設計株式会社 日建設計・株式会社 東急設計コンサルタント 共同企業体
施工東急・大成建設共同企業体
竣工2012年 
建設地東京都渋谷区