METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

プロダクト施工事例

homeプロダクト施工事例SHISEIDO THE STORE

SHISEIDO THE STORE

SHISEIDO THE STORE 1F 花椿飾り棚

金属の押出花椿の飾り棚

花椿型パンチングメタルの什器

各製品の拡大画像

■「SHISEIDO THE STORE」

銀座の花椿通りと中央通りが出会う交差点の一角に、資生堂の総合美容施設「SHISEIDO THE STORE」が2018年にリニューアルオープンしました。

リニューアルされた建物の内装に、KIKUKAWAのメタル製品が採用されました。

 

金属の押出花椿の飾り棚

入店する前から目に飛び込んでくる千鳥状に花椿が切り抜かれた飾り棚。全艶塗装を施した光沢のあるステンレスのパネルに挟み込まれた、マットな艶消し塗装を塗布したアルミの押出型材が、陳列された化粧品をさらに印象付けます。

~デザインへのこだわり~
デザインに配慮し採用されたフレームレス型材構造は、高さ3,600㎜もある高開口率のパネルの剛性を確保するために、ステンレス切板で押出材を挟み込む組込工法です。

突きつけの目地など高度な要望に応えるために、外径が253 ㎜を超える大型アルミ型材を0.5㎜単位で摺り合わせ、パネルジョイントの精度を上げました。

~製品へのこだわり~
図面検討会やモックアップ製作を通じて、設計から施工までチエ出しをし、お客様の要望や意匠、パネルの製品品質、製品強度、施工方法も加味した製作方法を選定しました。

例えば、手が触れる箇所にはバリ取りや製品の角取り。1枚約100㎏の点検用パネルは、どこからでも外れるような工夫が施されています。

 

花椿型パンチングメタルの什器

2Fに立ち並ぶ陳列台や照明ボックスに起用された、直径8㎜の花椿型のパンチングメタル。さりげないモチーフの活用が室内の統一感を高め、二重構造となっているパンチングメタルの間からやさしく溢れるライトが、透明感のある空間づくりに寄与しています。

シャープな意匠を実現するために、プレーナーを活用した曲げを採用。また、美観を損なわずに下地を入れるために、サンプルを製作し、納まりを検討しました。

 

KIKUKAWAならではの対応

デザイナーから施工の職人まで、さまざまな方々とのコミュニケーションを通じて、実現したこのプロジェクト。KIKUKAWAの対応力がお客様の高評価へとつながっています。

品名・施工個所 材質 仕上げ・加工
1F 花椿飾り棚 ステンレス
アルミ
パネル部 全艶ウレタン塗装(グレー)
押出材 艶消しアクリル塗装(グレー)
2F 花椿什器
(照明BOX、陳列棚)
アルミ パンチング 艶消しアクリル塗装
(ホワイト・ブラック)
建物名称SHISEIDO THE STORE
施主株式会社 資生堂
設計有限会社 nendo
株式会社 乃村工藝社
施工株式会社 乃村工藝社
東急建設 株式会社
竣工2018年
建設地東京都中央区