METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

トピックス

homeトピックスアルミ・キャストでつくる宗教建築

2020年7月7日

メタルワークNEWS

アルミ・キャストでつくる宗教建築

KIKUKAWAでは板金加工のほか、ご要望に合わせ、キャスト(鋳物)を使った金属工事のご提案もおこなっています。
溶かした金属を鋳型に流し込むことで成型するキャストは、板金では加工難度の高い複雑なデザインのものや、数量の多い部品などに適しています。
KIKUKAWAのノウハウと協力会社との連携によって、材質・最終仕上げも含めた様々なご要望のキャスト(鋳物)製品に対応いたします。

今回ご紹介するのは、2015年に参画した、東京都港区のS寺の庫裡※外装工事。蓮の花が連なるアルミ・キャスト壁を製作・施工しました。
仏教と関連の深い蓮の花を用いたデザインが、寺院らしい重厚な雰囲気を作り出しています。

寺院の門と庫裡。左奥のアルミ・キャスト壁が寺院の雰囲気に調和している
幅4900×高さ7350の化粧レリーフ壁

約36㎡の化粧レリーフ壁は、350mm四方の蓮の花が並んだアルミ・キャストを用いて製作。縦と横に3つずつ、計9つの蓮の花が並んだキャストを基準とし、使用部分や裏表を変えた6パターンを組み合わせることで、花の向きが様々に異なる複雑なデザインを実現しました。フッ素樹脂焼付塗装を施して仕上げています。

蓮の花のデザイン(サンプル)と基準のアルミ・キャスト。蓮の花が縦と横に3つずつ並んでいる
両端には蓮の花が9つ並んだキャストを、中央4列には6つの蓮の花が並んだキャストを使用

キャストで蓮の花の端部などのシャープな箇所を表現するには難しさがありましたが、協力会社との調整を重ねました。また、透明感と強度を確保する納まりにもKIKUKAWAのノウハウが生かされています。
施工前には工場にて仮組を行い、ボルトの位置合わせやゆがみの検査等を行っています。

工場にて仮組をする様子

施工後、蓮の花のレリーフをお客様に気に入っていただけたことで、追加工事として車庫奥の壁面と裏口の柵にも同様のアルミ・キャストを採用していただきました。

今回ご紹介した事例以外にも、寺院や教会といった宗教建築に携わってきた実績があります。KIKUKAWAでは、キャストを用いた宗教建築の金属工事はもちろんのこと、お客様のご要望やコストに合わせた材料・加工方法でご提案いたします。ぜひお気軽にご相談ください。

プロダクト施工事例 - 建物用途で探す:宗教建築 はこちら
https://www.kikukawa.com/tag-use/religious-facility/

※庫裡(くり):寺院の中で、住職や家族が住んだり、食事を調えたりする場所。