METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

トピックス

homeトピックス初サンプル室「Studio K+」開設

2019年4月10日

ニュースリリース

初サンプル室「Studio K+」開設

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2019.04.10 Kikukawa News Release (Studio K+ Opens)


初サンプル室Studio K+(スタジオ・ケー・プラス)」開設


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)は、蓄積してきたノウハウや加工技術、仕上げや新規開発の仕上げを集約した、初のショールーム機能を備えたサンプル室「Studio K+」を千葉の自社工場にて、4月10日に開設しました。
「Studio K+」は、オーダーメイド製品を手がける菊川の対応力や金属建材の多様性を、サンプルや加工体験を通じて、理解を深めていただくことができ、顧客のデザインの選択肢を広げる場となればと考えています。菊川の製作・設計・技術の拠点である自社工場内に併設することで、デザイン・製作の検討時間短縮を狙い、社内外のコミュニケーションの活発化を狙います。またこの「Studio K+」を通して、顧客との関係性を強化し、他社との差別化を図っていきます。

■「Studio K+」開設の経緯

菊川では、これまでもお客様のご要望に応じて、さまざまな仕上げや加工技術の開発を行ってきました。これらのサンプルは、工場内に置かれたり各担当者が保有するなど、社内各所に分散していました。
これらの見本を展示および保管することで、オーダー仕上げの技術力や多様性を参考にしたいというお客様の声や、アーカイブを作りたいという社内の声に応え、サンプル室開設を決定。以前は事務室・サンプル保管用の倉庫として使われていたスペースを改修し、「Studio K+」と命名し、開設しました。

Studio K+ Entrance

3D図面から抜粋した「Studio K+」の入口

■「Studio K+」の狙いと展望

機能性・独自性を追求する施主や設計事務所をターゲットに、検討時間の削減と早期段階での技術相談によるコミュニケーションの活発化や関係性の強化を目指します。これにより、金属建材をより多く検討していただくきっかけとなればと考えています。また、社員にとって、社内アーカイブとして、技術伝承の機能を果たします。
今後は、展示品の入れ替えや企画展示を行うことで、菊川のさまざまな魅力を発信していく場とすることを予定しています。

■「Studio K+」概要

 

Studio K+ Logo

「Studio K+」のロゴ

 

名称:菊川工業 ショールーム「Studio K+ (スタジオ・ケー・プラス)」

住所:キクカワテクノプラザ(千葉工場 白井工業団地内)
〒270-1406 千葉県白井市中98-15

営業時間:10:00~17:00

■「Studio K+」展示内容

Studio K+ Plan view

「Studio K+」の平面図と展示内容

「Studio K+」では、部屋の扉や棚など、随所に菊川の設計・加工技術力をご覧いただくことができます。また、外部公表が難しい施工事例や技術サンプル、新開発した仕上げや近年話題の仕上げサンプル、門外不出の製品製作過程のビデオなどの展示、槌目加工の体験コーナーも設置しています。
同部屋では、常設のデスクやパソコンをご用意しており、アイディアの実現・製作可否、新しい仕上げや技術の開発・検討が行えます。工場併設型であるため、職人や経験者との距離も近く、その場で思いついたデザインもすぐに検討できます。

■「Studio K+」の名称とロゴに込めた想い

オーダーメイドの性質上、菊川の仕事は「何が出来るか?」と、デザイナーの皆様と打ち合わせを重ねることで進んでいきます。打ち合わせが出来る部屋、あるいは新しい発想につながる部屋であってほしいという願いを込めて、「スタジオ」としています。また、「K+」では、長年培ってきた菊川の技術を当社名の頭文字“K”の一文字に集約し、”+“で未来へ向けた開発を行う工房を表現しています。またロゴは「Studio K+」がデザインの「ひろがり」を実現する空間であることを表しています。

■「Studio K+」設計担当者コメント

メタルワークのトップメーカーとして、技術力・展開力そして臨機応変力がある菊川工業のサンプルを、サンプルだけにとどまらせない。サンプル室としてだけでなく、ショールームとしても、訪れた人に菊川工業の違う一面を見て感じていただきたい。作り出している人々の想い、様々な試行錯誤の上に、作品を提供している日常を「サンプルは宝物」というコンセプトとし、ここをデザインしました。
㈱ZAC松本圭佑 取締役エグゼクティブ・ディレクター

■代表コメント

初のサンプル室開設にあたり、創業以来培ってきた菊川の技術力や対応力を知って頂くだけでなく、金属の多様性を実感していただきたいと考えておりました。展示品や加工体験を通じて、工場併設型の同部屋を素材やデザインの創造と想像を活性化する場とし、金属建材のさらなる普及に貢献したいと考えております。
菊川代表 代表取締役 宇津野嘉彦

■本件に関するお問い合わせ

菊川工業株式会社 広報室Webチーム
TEL:047-492-0144
ホームページよりお問い合わせはこちら
お問い合わせ