METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

トピックス

homeトピックスニュースリリース

2018年12月4日

ニュースリリース

社員寮「アルビスキクカワ」をリニューアル

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2018.12.04 Kikukawa News Release(ALVIS)


社員寮「アルビスキクカワ」をリニューアル

ベトナム人技能実習生の福利厚生と社員満足度向上を目指す


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)は、11月10日に千葉県柏市にある社員寮「アルビスキクカワ」(以下アルビス)のリニューアル工事を完了したことをお知らせします。
これを受けて、11月17日に各地の借り上げ社宅に住んでいたベトナムからの技能実習生(以下、ベトナム実習生)の住まいをアルビスに集約。アルビスに入居する若手・中堅社員と一緒に暮らすことで、不慣れな日本での生活を、孤立することなく充実したものにしていきます。またこれを機に、アルビスと千葉県白井市にある工場キクカワテクノプラザを結ぶ通勤送迎バスを開設し、ベトナム実習生を含む社員の利便を図り、満足度向上を目指します。

(さらに…)

2018年11月20日

ニュースリリース

社長が講演いたします

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2018.11.20 Kikukawa News Release (President Lecture)

お申込みは、こちら
http://www.ccjc-net.or.jp/contents_detail.php?frmId=2462


弊社社長が講演 補助事業成功事例や加工技術について

職人技と最新加工技術の融合で実現する美しい建築物


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)は、11月27日(火)に平成30年度第3回ちば新事業創出ネットワークセミナーにおいて、弊社社長の宇津野嘉彦が講演することをお知らせします。
公益財団法人千葉県産業振興センターでは、中小企業の産学官連携による新技術・新製品の研究開発をテーマにしたセミナーを開催しており、今回のテーマは「歴史に刻まれた『匠』の技から学ぶ先端加工技術の開発」。菊川は、職人技と最先端加工技術を融合してものづくりを行う会社であること、そしてサポイン事業を中心にさまざまな補助事業者として技術開発を推進してきた企業として、講演させていただきます。

(さらに…)

2018年11月7日

ニュースリリース

創業85周年を迎え次の5年を見据え、顧客増大・事業の多角化を目指す

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2018.11.07 Kikukawa News Release(85th anniversary)


顧客増大・事業の多角化を目指す

創業85周年を迎え、次の5年を見据えて


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)は、このたび11月1日を以って、創業85周年を迎えました。1933年(昭和8年)の創業以来、建築業界に永く貢献させて頂けていることは、お客様をはじめとした関係者の方々のご支援の賜物と感謝しております。

菊川はここ数年、変化する建築業界をとりまく状況に備えるため、85周年に向けて様々な対策を打ってきました。それらの対策を軌道にのせ、急激に変化する時代のなかでも、より足腰の強い企業体制にすることが、90周年に向けた次の5年間の目指すべき課題となります。
なかでも、景気に特に左右されやすい既存市場のオーダー金属建材の売上比率(2017年度で90%以上)を、新たに事業化または強化した事業のそれぞれの柱を太くし、安定的な多角化をすることで、バランス良くシフトさせていきます。そのためには、顧客数の増大が必要不可欠であり、今年になって100を超えた顧客数を毎年倍増し、5年後には1000を超える顧客数を目指します。

(さらに…)

2018年10月24日

ニュースリリース

「ブルームバーグ欧州本社ビル」’18年 英国最優秀建築賞RIBA Stirling賞受賞

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2018.10.24 Kikukawa News Release Bloomberg London wins 2018 RIBA Stirling Prize


オーダー金属建材の菊川工業

ブロンズ工事で参画のブルームバーグ欧州新本社ビル

2018年英国最優秀建築賞RIBA Stirling賞受賞


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)は、イギリス・ロンドンの設計事務所Foster + Partners(以下フォスター・アンド・パートナーズ)が王立英国建築家協会(RIBA)のStirling(以下スターリング)賞を、ブルームバーグ欧州新本社ビルにて2018年10月10日に受賞されたことをお知らせします。
スターリング賞は、その年最も優秀な英国建築に贈られる賞で、イギリスで最も権威ある建築賞と言われています。今年受賞したロンドン中心部にあるブルームバーグ欧州新本社ビルは、「一世代に一度のプロジェクト」と称され、審査員満場一致で採択されました。
菊川は、英国歴史に残るこの建築物の内・外装ブロンズ工事に参画しており、供給した総ブロンズ量は700㌧以上で、当社の歴史の中でも類のない規模となりました。海外プロジェクトであるにも関わらず当社の製品が採用されたのは、当社の技術提案力、最新設備や新技術を含めた生産体制、実績や品質が評価され、そしてこれらが施主と設計事務所が望む方針と一致したことからでした。

RIBAスターリング賞を受賞したブルームバーグ新欧州本社ビルの外観

RIBAスターリング賞を受賞したブルームバーグ新欧州本社ビルの外観

(さらに…)

2018年9月19日

ニュースリリース

工場空調設備省エネ化で、エコと生産性向上への取組推進

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2018.09.19 Kikukawa News Release (High efficiency AC with gvt funding)


オーダー金属建材の菊川工業

工場空調設備省エネ化で、エコと生産性向上への取組推進

省エネ投資促進に向けた支援補助金採択を受けて


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦)は、経済産業省 資源エネルギー庁が実施する平成30年度 省エネルギー投資促進に向けた支援補助金(エネルギー使用合理化等事業者支援事業)に関して、一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)より、8月31日に交付決定通知を受領したことをお知らせします。この通知を受け、菊川は高効率空調*を千葉県白井市に保有する同社工場に導入および設置し、工場設備の省エネルギー化を図り、環境保全に寄与する活動を推進すると同時に、工場内設備環境をより良くすることで、生産性向上を目指していきます。
*高効率空調:少量のエネルギーで大きな冷房及び暖房能力を引き出すことが出来、エネルギーコストも削減できる空調設備

(さらに…)

2018年9月4日

ニュースリリース

輻射冷暖房「R Air-con」医療機器・設備EXPO出展

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2018.09.04Kikukawa News Release(R-air-con_EXPO-exhibition)

輻射冷暖房システム「R Air-con」の詳細はこちら
https://www.citytexture.com/kenzai-pro/kikukawa-r-air-con/


輻射冷暖房R Air-con医療機器・設備EXPO出展

患者さんにやさしい空調空間を医療関係者へ提案


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)が製造を、グループ会社のキクカワタクト株式会社(本社・代表取締役社長:同上)が企画・販売する輻射冷暖房システム「R Air-con」(アール・エアコン)を、幕張メッセにて9月12日(水)から14日(金)の日程で開催される「医療機器・設備EXPO」に出展することをお知らせします。
主な来場対象者が、病院・クリニック・介護施設の運営や事務も含めた関係者であることから、展示ブースにて輻射冷暖房を直接体感してもらうことで、患者さんにやさしい冷暖房システムであることをアピールします。その上で、医療・ケア施設の新築もしくは改修を検討するさいに、空調設備の選択肢の1つとして認知していただくことを目指します。

(さらに…)

2018年8月28日

ニュースリリース

マグネシウムとアルミニウムの異材接合技術開発を推進

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2018.08.28Kikukawa News Release(FSW of Magnesium and Aluminium)

KIKUKAWAのテクノロジー – FSW(摩擦撹拌接合/Friction Stir Welding)のページはこちら
https://www.kikukawa.com/technology/fsw-friction-stir-welding/


難燃性マグネシウムとアルミニウムの異材接合技術開発を推進

ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金採択を受けて


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)は、中小企業庁が推進する「平成29年度補正 ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」の補助事業者として、全国中小企業団体中央会・千葉県地域事務局より、7月2日に採択され、8月10日に補助金交付が決定されたことをお知らせいたします。
これを受け菊川は8月より、摩擦撹拌接合(*1)技術を用いて、次世代軽金属材料である難燃性マグネシウム合金とアルミニウム合金との異材接合技術の開発を推進します。その成果をもとに、鉄道車両や自動車などの陸上輸送機向けの軽量部材新製品の、試作・生産・品質管理体制を確立します。

(*1)摩擦撹拌接合(FSW=Friction Stir welding):高速回転ツールを金属材に押し当て、発生する摩擦熱と回転力で生じる塑性流動(*1.1)で接合する固相接合(*1.2)技術。従来の溶接方法に比べ、高品質で高強度に接合することができる。
(*1.1)塑性流動:表面の形状が溶けるように流動する現象
(*1.2)固相接合:溶接のように接合部材を溶融せずに、個体のまま塑性変形させ接合する方法

(さらに…)

2018年8月21日

ニュースリリース

初「アルミ・サンプル帳」、研磨や凹凸加工を加えたアルミ仕上を開発

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2018.08.21 Kikukawa News Release Aluminium Finish Sample Book

「アルミ・サンプル帳」はこちらから
https://www.kikukawa.com/metal-sample-catalog/


オーダー金属建材の菊川工業
研磨や凹凸加工を加えたアルミ仕上げを開発
アルミ・サンプル帳にて顧客の選択肢を広げる


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)は、実用例のある仕上げから新開発した仕上げまで、さまざまなアルミ仕上げ16種類を当社初の「アルミ・サンプル帳」としてまとめ、8月21日より提供開始することをお知らせします。
掲載サンプルは、どれも特注アルミ仕上げの多様性を視覚的に提示するもので、通常の塗装やアルマイト*、クリアー処理等に加え、金属加工会社ならではの研磨模様や凹凸加工を複合的に施しています。
オーダー仕上げの提案力や対応力を示すと同時に、製作可能な仕上げの周知を狙い、サンプル帳には従来のオーダー対応の経験やノウハウを活かした加飾性の高い仕上げを抜粋。16種の内、9種類はサンプル帳用に新開発しました。サンプル帳を通じて、価格と意匠の両立を求める昨今の施主や設計事務所・デザイナーなどの顧客のデザイン選択肢を広げ、内外装建材としての採用を目指します。

*アルマイト:アルミの表面を保護する陽極酸化皮膜を人工的に生成する処理

キクカワの新「アルミ・サンプル帳」。掲載仕上げの詳細は下記参照

キクカワの新「アルミ・サンプル帳」。掲載仕上げの詳細は下記参照

(さらに…)

2018年7月13日

ニュースリリース

パンチング付エキスパンド・メタル「ラタン」開発

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2018.07.13Kikukawa News Release Renewal(Rattan)

KIKUKAWAのテクノロジー – エキスパンドメタル・ルーバーはこちら
https://www.kikukawa.com/technology/expanded-metal/ ‎


パンチング付エキスパンド・メタルラタン開発

内部からの透過性と外部からの遮断性を両立する金属ルーバー


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)は、この度、網目と網目の間が広い刻み幅に、新たにパンチングを施したエキスパンド・メタル(*1)「ラタン RATTAN」を開発しました。この「ラタン」を菊川の新たな金属ファサード及びルーバーのラインアップに加え、7月23日より販売を開始します。
「ラタン」は、従来から菊川が販売していた刻み幅を広くしたエキスパンド・メタルのデザイン性と日除けとしての環境性や視線を遮るなどの機能性に加えて、透過性を高めることで、建物の内部からの視界を損なうルーバーの問題点を解決した製品です。
新デザイン「ラタン」は、ルーバーとしての機能性を重視したパターンと、ファサードとしての意匠を重視したパターンの2種類を開発。営業活動用に、パンチングの有無を比較できるサンプル帳を用意し、施主をはじめ設計事務所・デザイナーなどの顧客からの採用を目指し、今後展開していきます。

(*1)エキスパンド・メタル:専用の機械と型によって、金属板に千鳥状に切れ目を入れながら押し延ばし拡開(エキスパンド)することで、網目を形成する金網の一種。元々は、強度と剛性のある特性上、建材においては、フェンス・床材・土木用資材などに利用されている。

(さらに…)

2018年6月6日

ニュースリリース

金属改修工事の受注強化を新部門で推進

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2018.06.06Kikukawa News Release Renewal(PJ3)

新パンフレット:「KIKUKAWAの改修工事」はこちら
https://www.kikukawa.com/pdf/technology/kikukawa-renewal.pdf


金属改修工事の受注強化を新部門で推進

東京オリンピック後を見据えた体制造り


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)は、2020年東京オリンピック後の改修工事需要を取り込むための新設部門「プロジェクト統括三部」を6月1日に新設したことをお知らせします。

菊川では、来る東京オリンピック以降にそれまでの新築工事の需要が減少する半面、オフィスビル等の改修やリノベーション工事の需要が高まると予想しています。この度新設した「プロジェクト統括三部」は、市場ニーズの変化に対して柔軟に対応することで、安定的な受注を獲得するための新部門となります。
菊川では、これまでグループ会社であるキクカワタクト株式会社にて改修・修繕・メンテナンス工事を約30年にわたり担当し、ノウハウと実績を集積して来ております。今後は専門の「プロジェクト統括三部」が、大型改築プロジェクトからテナント更新のための改修、イメージチェンジを目的としたリニューアル工事などの需要を喚起するために、建築業界に積極的にアプローチしてまいります。またこの機会に、ゼネコンや工務店を含めた新規の取引先の開拓も積極的に行い、新築・改修工事を問わず受注活動を強化してまいります。

(さらに…)

2018年5月25日

ニュースリリース

輻射冷暖房「R Air-con」医療・ケア施設へ展開

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2018.05.25Kikukawa News Release R-aircon

新パンフレット:「ケアするエア ecosia:R Air-con」はこちら
https://www.kikukawa.com/pdf/environmental/rair-con_caring-air.pdf


輻射冷暖房R Air-con医療・ケア施設へ展開

エンドユーザーに分かりやすい形で本格販売開始


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)が製造している、輻射冷暖房システム「R Air-con」(アール・エアコン)を、病院や老人ホームなどの医療・ケア施設を中心とするエンド・ユーザーに対して、5月より販売を本格的に開始することをお知らせします。
昨年7月の「R Air-con」の発表以来、企画・販売部門である菊川のグループ会社のキクカワタクト株式会社(本社・代表取締役社長:同上)が、設計事務所や設備コンサルタントを中心にテスト的に販売促進活動をしていました。そのなかで、指摘のあった改善点や、実験データに基づく改良を加えたシステムにて、最終的な導入決定権を持つお客様向けの営業活動を強化してまいります。営業ツールとして、技術資料とは異なる分かりやすいパンフレットを作成したことも、あわせてお知らせいたします。

(さらに…)

2018年5月15日

ニュースリリース

セミオーダー対応ブランド「Kikukawa City Texture」始動。 第一弾「エキスパンド・メタル」にて販売開始

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2018.05.15 Kikukawa News Release セミオーダー対応ブランド「Kikukawa City Texture」始動、第一弾「エキスパンド・メタル」販売開始

Kikukawa City Textureのパンフレットはこちらから
https://www.kikukawa.com/pdf/product/kct01_expanded-metal.pdf


オーダー金属建材の菊川工業
セミオーダー対応ブランド「Kikukawa City Texture/キクカワ・シティ・テクスチャー(KCT)」
第一弾エキスパンド・メタルにて販売開始!


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)は、従来のオーダー製品製作で培ったノウハウを活かし、選定製品を一部規格品化あるいはパターン化することでセミオーダー建材化し、「Kikukawa City Texture/キクカワ・シティ・テクスチャー(以下KCT)」シリーズとして2018年5月より販売を開始いたします。
これは、コスト削減や工期低減が求められる中でも独自性を出したい根強いニーズを踏まえたもので、セミオーダー化による検討期間や製作期間・コストの低減を実現しつつ意匠性を確保した金属建材を、菊川が提案するラインアップの一つとして展開することで、従来のオーダー販売形態や販売経路と異なる市場や顧客層を狙います。
KCTシリーズ第一弾として刻み巾をひし形などに圧延したメッシュ状の金属建材である内外装用の「エキスパンド・メタル」の標準寸法と取付工法を定め、エキスパンドの網目と仕上を数パターン用意し、カタログに集約。これをグループ会社であるキクカワタクト株式会社が販売します。
また、これらセミオーダー建材は、従来のオーダー製品業態と連携することも出来るため、菊川が設計から施工まで対応することで、規格外のサイズや材質・仕上への対応、そして曲げや溶接といった他の金属加工とあわせることも可能です。

(さらに…)

2018年4月12日

ニュースリリース

「2018国際ウエルディングショー」にて講演決定

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2018.04.12 Kikukawa News Release 国際ウェルディングショー

KIKUKAWAの溶接技術についてはこちら
KIKUKAWAの金属加工技術


オーダー金属建材の菊川工業
「2018国際ウエルディングショー」にて講演決定


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦)は、4月25日(水)から28日(土)に開催される「2018国際ウエルディングショー」の「レーザ加工フォーラム」にて、当社の技術開発チーム社員の講演が決定したことをお知らせします。
国内最大の溶接・接合技術の展示会で、「建築板金にみるレーザ加工技術」をテーマに当社の「FSW(摩擦攪拌接合機)」や「ファイバーレーザ溶接機」を用いた施工事例について、ご紹介します。

(さらに…)

2018年3月30日

ニュースリリース

ジャパン・レジリエンス・アワード2018(強靭化大賞)最優秀レジリエンス賞受賞

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2018.03.30 Kikukawa News Release Resilience

シティコネクト「ライトステーション」の詳細はこちら
citytexture-シティコネクト ライトステーション


独立電源型LED照明灯シティコネクト「ライトステーション」
ジャパン・レジリエンス・アワード2018(強靭化大賞)最優秀レジリエンス賞受賞


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)が製造している、独立電源型LED照明灯シティコネクト「ライトステーション」が、3月20日に開催された一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会主催の「ジャパン・レジリエンス・アワード2018(強靭化大賞)」表彰式において、最優秀レジリエンス賞を受賞したことをお知らせします。
「ライトステーション」は、太陽光とバッテリーを利用した独立電源型のLED照明灯で、東京都環境局の「自立型ソーラースタンド普及促進事業」(*1)に対応しています。携帯電話の充電機能を備え、さらにQRコードを利用した多言語情報提供システムをオプション搭載することで、平時は観光情報や行政情報を、災害時は即座に避難情報を、多言語にて観光客や施設利用者へ発信することを可能としており、そのことがレジリエンス(*2)性、公共性、革新性があると認められた結果、受賞にいたりました。
最優秀レジリエンス賞は、グランプリ・金賞に次ぐ賞で、企画・販売部門である菊川のグループ会社のキクカワタクト株式会社(本社・代表取締役社長:同上)、販売とプロモーションを担当するユアサ商事(下段参照)、ソフト面を担当したPIJIN(同)の三社共同で、エネルギー部門で受賞しました。

(*1) 自立型ソーラースタンド普及促進事業:2017年度の東京都環境局の取り組み。平常時だけでなく災害時にも、スマートフォンなどの充電や照明点灯が可能な自立型ソーラースタンドを設置する区市町村に対し補助を行う事業。
(*2) レジリエンス:あらゆる環境や状況に対しても適応し、生き延びる力のこと。ここでは、リスク対応力や危機管理能力のことを指している。

(さらに…)

2018年3月8日

ニュースリリース

銅合金・アルミ用仕上げ「槌目(つちめ)」模様を開発

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2018.03.08 Kikukawa News Release Tsuchime

槌目サンプル帳及びラインアップの詳細はこちら
金属仕上サンプル帳・各種カタログ
KIKUKAWAの金属仕上ラインアップ-ブロンズ


銅合金・アルミ用仕上げ槌目(つちめ)」模様を開発
職人技を効率化し、風合そのままでコストダウンを実現


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)は、伝統工芸である槌目模様を、金属建材の化粧仕上げとして、銅及び銅合金やアルミに施す工法をこの度開発しました。「槌目」仕上げを菊川の新たな仕上げラインアップに加え、2018年3月12日より販売を開始します。
「槌目」は、職人技でひとつひとつ模様を打ち出す手法はそのままに、菊川独自の工法で製作することで効率化をはかったもので、クラシカルで高級感のある仕上げでありながら、従来の価格より大幅なコストダウンを実現したものです。
今回、営業活動に用いるため、大きさの異なる基本的な槌目模様と筋目模様のそれぞれを、配置の調整で違いが分かる8種類のパターンを掲載したサンプル帳を用意しました。施主をはじめ設計事務所・デザイナーなどの顧客からの採用を目指し、今後展開してまいります。

(さらに…)

2018年2月28日

ニュースリリース

環境建材製品サイト「city texture(シティ テクスチャー)」を新設

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2018.02.28 Kikukawa News Release. Launch of city texture


環境建材製品サイト「city texture(シティ テクスチャー)」を新設
本業との差別化を図り販路拡大と顧客確保を狙う


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦)は、グループ会社であるキクカワタクト株式会社が2018年2月21日に、環境建材製品サイト「city  texture (http://www.citytexture.com)」を新設したことをお知らせします。菊川工業のコーポレートサイトと差別化することで、本業とは異なる業界での販路拡大と顧客確保を狙います。
この新設サイト「city  texture」には、当社のノウハウを活かして開発・製作された各種環境製品の情報やカタログ、取扱説明書、施工説明書、仕様図、施工事例などを常時公開。環境製品へのニーズが高まる昨今で、よりわかりやすい情報開示による、お客様へのサービス向上を目指します。

(さらに…)

2018年2月16日

ニュースリリース

シティコネクト「ライトステーション」設置

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2018.2.16 KIKUKAWA News Release Light Station Installed


東京都自立型ソーラースタンド普及促進事業対応
シティコネクトライトステーション設置
東村山市・墨田区・日の出町、非常時の充電スポットとして


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦)は、東京都環境局の「自立型ソーラースタンド普及促進事業」*に対応した、太陽光とバッテリーを利用した独立電源型のLED照明灯、シティコネクト「ライトステーション」を、2018年1月下旬から2月上旬にかけて、東村山市に3台、墨田区に1台、日の出町に2台を設置したことをお知らせします。

今回設置された「ライトステーション」は、携帯電話の充電機能を備えており、万一の災害時や停電時の電源として使用できます。また、インフォメーションボードには、非常時の避難場所や集合場所であることを表示、あるいは避難場所を案内する看板として利用されることで、環境保全とともに、災害時の備えとして特に寄与するものとなっています。

*自立型ソーラースタンド普及促進事業:2017年度の東京都環境局の取り組み。平常時だけでなく災害時にも、スマートフォンなどの充電や照明点灯が可能な自立型ソーラースタンドを設置する区市町村に対し補助を行う事業。

(さらに…)

2018年2月2日

ニュースリリース

「R Air-con」実証実験ルーム間もなく完成

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2018.2.2 KIKUKAWA News Release L2-Tech Room


輻射冷暖房「R Air-con」実証実験ルーム間もなく完成
実際に輻射効果を体験できるショールームとしても稼働


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)は、環境省が推進する平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金の補助事業者への採択を受けて、計画に基づく実証実験ルームが、当社工場(キクカワテクノプラザ:千葉県白井市)の事務所棟内に、2月15日に完成予定であることをお知らせします。
今回完成予定の実証実験ルームには、補助事業製品として採択された、2017年夏発表の輻射冷暖房システム「R Air-con(アール・エアコン)」*が設置されます。この事業の目的である温室効果ガス削減に寄与する先端システムの普及を推進するため、商用化の初期段階にある「R Air-con」の導入実証実験を行い、補助事業期間である2月末以降も3年間にわたり運用データを取得し、事業管理機関へ報告します。
菊川は実証データに基づき、さらなる製品づくりを推進することで、今後L2-Tech**取得を目指し、環境保全に貢献してまいります。

*「R Air-con」のパンフレットはこちら
http://www.kikukawa.com/metal-sample-catalog/

**L2-Tech(先導的低炭素技術):環境省がCO2削減に最大の効果をもたらすと認めた技術やそれらを搭載した設備や機器。

(さらに…)

2017年12月13日

ニュースリリース

ソーラーLED街路灯「エコアヴェニュー ライト」1月より販売開始

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2017.12.13 KIKUKAWA News Release ecoAvenue lite

「エコアヴェニューライト」のパンフレットはこちら
「エコアヴェニューライト」パンフレット


スタイリッシュなソーラーLED街路灯シリーズ
エコアヴェニュー ライト販売開始
1本支柱のシンプルタイプを導入しやすい価格で提供


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦)は、太陽光発電にてバッテリーに充電し、その電力を用いて点灯させる独立電源型のLED照明灯「エコアヴェニュー ライト」を2018年1月より販売開始します。
「エコアヴェニュー ライト」は、菊川工業が製造しているLED照明灯「エコアヴェニューシリーズ」のラインアップに新たに追加した商品です。デザイン的な両面受光型ライトスルー太陽光パネルはそのままに、1本支柱のシンプルなタイプにすることで、より導入しやすい価格を実現しました。

(さらに…)

2017年10月24日

ニュースリリース

環境省の補助事業者として採択、「Rエアコン」にて推進

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2017.10.24 KIKUKAWA News Release L2-Tech


環境省の「二酸化炭素排出抑制対策事業」に採択

輻射空調冷暖房システム「R Air-con」にて推進


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)は、環境省が推進する平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(L2-Tech導入実証事業)の補助事業者として、公益財団法人北海道環境財団より9月29日に採択されたことをお知らせいたします。
この事業の目的は、温室効果ガス削減に大きく寄与する先端技術や技術を有するシステムの普及を推進することで、環境保全に貢献することです。そのために、先導的技術を有するとされる設備や機器、そして商用化の初期段階にある設備・機器を用いた技術やシステムの導入実証経費を補助し、運用データの取得や周知を促します。
今夏発表した輻射冷暖房システムである「R Air-con(アール・エアコン)」*1が補助事業製品として採択されたことを受け、当社はさらなる実証データ収集に努め、よりよい製品づくりを推進します。
*1「R Air-con (アール・エアコン)に関するニュースリリース」はこちら
2017.06.26 輻射冷暖房システム「Rエアコン」販売開始

(さらに…)

2017年7月3日

ニュースリリース

シティコネクト 「ライトステーション」受注開始

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2017.07.03 KIKUKAWA NewsRelease Light Station


東京都「自立型ソーラースタンド普及促進事業」対応

シティコネクト「ライトステーション」受注開始

観光で、災害時対策で。光と情報を届ける充電ステーション


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦)は、東京都環境局の「自立型ソーラースタンド普及促進事業」*1に対応した、太陽光とバッテリーを利用した独立電源型のLED照明灯、シティコネクト「ライトステーション」を2017年7月から受注開始します。

ライトステーションは、携帯電話の充電機能を備えており、さらにQRコードを利用した多言語情報提供システムをオプション搭載。このシステムにより、平時は観光情報や行政情報の発信を行い、災害時は即座に避難情報を、多言語にて観光客や施設利用者へ発信することが可能となります。環境保全だけでなく、観光や地域振興、防災にも寄与する、ソーラーLED充電ステーションが、街に安心・安全・便利さを提供します。

なお、ライトステーションは、販売とプロモーションでユアサ商事(下記参照)、ソフト面でPIJIN(同)と提携して事業を行います。

*1 – 自立型ソーラースタンド普及促進事業:2017年度の東京都環境局の取り組み。平常時だけでなく災害時にも、スマートフォンなどの充電や照明点灯が可能な自立型ソーラースタンドを設置する区市町村に対し補助を行う事業。
(さらに…)

2017年6月26日

ニュースリリース

次世代空調 輻射冷暖房システム「Rエアコン」販売開始

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2017.06.26 KIKUKAWA NewsRelease R Air-con

「Rエアコン」についてはこちら
https://www.citytexture.com/kenzai-pro/kikukawa-r-air-con/


オーダー金属建材の菊川工業

次世代空調 輻射冷暖房システム「Rエアコン」販売開始

省エネで快適な空間を簡単施工で実現!


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)は、主にビル空調における省エネと快適な室内空間を簡単施工で実現する環境建材、輻射冷暖房システム「アール・エアコン(R Air-con)」を製品化し、2017年7月より販売を開始します。

本製品は、人と環境に優しい次世代の空調システムとして位置づけられる輻射冷暖房システムの従来の問題点を解決。空調環境をより快適にし、ランニングコスト削減を通じて建物の省エネ化に寄与します。さらに、菊川がオーダー金属建材で培ったノウハウを活かした高いデザイン性を機能と両立させ、新築や改修時も建物の高付加価値化に貢献します。

菊川では、「Rエアコン」を先日(6月19日)発表した新環境システム&環境建材ブランド「エコシア(ecosia)」の主製品の一つとして位置づけ、建物の総合的な環境ソリューションを幅広い顧客に提供し、近年の社会的要望の変化に対応します。

(さらに…)

2017年6月19日

ニュースリリース

環境システム&環境建材ブランド「エコシア」開始

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2017.06.19 KIKUKAWA NewsRelease 「ecosia」を開始


オーダー金属建材の菊川工業、環境システム&環境建材ブランド「エコシア」を開始

ビルのエネルギー対策をワンストップで実現します!


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦)は、このたび、環境システム技術と環境建材製品群を環境ブランド「エコシア(ecosia)」として立ち上げ、2017年7月から販売を開始します。

新ブランド「エコシア」は、これまで蓄積してきた金属加工技術と最新の設備技術によって開発した環境建材システムを、ひとつのブランドにまとめたもので、「輻射冷暖房システム」「建材一体型太陽光発電」「遮熱ルーバー」の3つのラインアップを軸に展開します。ビルの新築時だけでなく、改修時においても、快適な居住空間と高いデザイン性、省エネと創エネを効果的に組み合わせた総合的な環境ソリューションを、設計から施工までワンストップで提供します。

(さらに…)

2017年4月18日

ニュースリリース

産学官連携による研究開発支援事業社に認定

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2017.04.18 KIKUKAWA NewsRelease 産学官連携による研究開発支援事業社に認定


オーダー金属建材の菊川工業
産学官連携による研究開発支援事業者に認定
平成28年度立体造形技術の研究用の補助金を受領


建築物の金属製内外装工事を手掛ける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野 嘉彦)は、経済産業省関東経済産業局より、平成28年度戦略的基盤技術高度化支援事業の補助金額が3月に確定されたことをお知らせします。2016年9月に補助事業を開始し、このたびの補助金の確定を受けて、技術研究を本格化します。今回の研究区分である立体造形に係る技術は、国が支援措置を施している特定ものづくり基盤12技術のうちの1つです。福井大学とともに金型を使わない大板金属の3次元加工成形技術を自動化する研究を行い、従来加工方法に対してリードタイム削減とそれに伴うコストダウンを目指します。

(さらに…)

2017年3月22日

ニュースリリース

「オーダー金属加工」受注開始

KIKUKAWAは下記内容のニュースリリースを配信しました。

PDF版はこちら
2017.03.22 KIKUKAWA NewsRelease オーダー金属加工

「オーダー金属加工」についてはこちら
http://www.kikukawa.com/order-metal/


先端設備を活かした金属加工の受注を開始

建築金属工事で培った技術で業界を問わずに対応します!


建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野 嘉彦)は、従来の設計・製造・施工を一貫して請負う受注形態に加えて、金属加工のみの受注を2017年4月から本格的に開始します。

建築金属工事で長年培った加工技術と先端の機械設備を活かし、薄・中板を中心とした板金加工において、従来は困難と思われたご要望を解決します。特に近年導入した機械設備により、平板接合による広巾板製作や、歪(ひず)みの少ない溶接、8mまでの曲げ加工などに対応します。

これらの金属加工受注のサービスは建築業界だけでなく、土木・車両・設備・船舶・橋梁などの金属を扱う他業種や学術機関の顧客に対しても積極的に展開します。

(さらに…)