METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

トピックス

homeトピックス大型ステンレス鏡面パネル

2018年10月9日

メタルワークNEWS

大型ステンレス鏡面パネル

KIKUKAWAのステンレス鏡面パネルは、化粧面の平滑度を矯正または保つことで、パネルに映る映像にゆがみのない、高品質な製品を提供します。しかも、幅1500㎜以上、長さ5000㎜以上の超大型パネルについても、同じ品質を提供することができます。

通常、幅広長尺のステンレス鏡面パネルは、その品質を担保するためにカットパネル方式の納まりを採用しますが、スタッド痕を目立たなくするため、板厚の厚い材料が適しています。しかし、2.0㎜などの薄板と比較すると表面の巣穴などの問題もあり、品質は一定ではなく、大板になればなるほど顕著となります。さらに、大型であり重量も比例して重くなることから、キズをつけることなく取り扱うのに困難が伴います。

KIKUKAWAは、それらの課題を克服し、ノウハウとして蓄積。品質管理を材料メーカーと研磨メーカーとも共有することで、大型ステンレス鏡面パネル技術として確立しています。

クレーンで吊るして大型SUS鏡面外装パネルを確認する様子

クレーンで吊るして大型SUS鏡面外装パネルを確認する様子

こちらは、KIKUKAWAのステンレス鏡面パネル技術を信頼していただいた、海外のお客様(現場はリトアニア)のプロジェクトです。一面を1枚板のミラーパネルにしたいという要望から、超大型のパネルとなりました。

大型SUS鏡面外装パネルに空や景色が鮮やかに映っている

大型SUS鏡面外装パネルに空や景色がゆがみなく鮮やかに映っている

SUS304、厚み5㎜、最大W1810㎜×H6640㎜の大型ステンレス鏡面パネル。実際は2段に積まれ、高さ13mの4面を覆う外装パネルとなります。

大型SUS鏡面屋根パネルの加工の様子

大型SUS鏡面屋根パネルの加工の様子

屋根パネルの軒先部の曲げ加工の様子

屋根パネルの軒先部の曲げ加工の様子

SUS304、厚み5㎜、最大W1750㎜×L7990㎜の大型ステンレス屋根パネル。240㎡の屋根パネルを14枚で構成します。

大型ステンレスパネル工事をご検討する場合は、材料調達の際に最低ロットや納期の制約がありますので、事前にご相談ください。

プロダクト施工事例 – 鏡面仕上プロジェクトはこちら