METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

トピックス

homeトピックス黒ニッケルめっき+HL仕上げのステンレス外壁パネル

2019年10月8日

メタルワークNEWS

黒ニッケルめっき+HL仕上げのステンレス外壁パネル

従来、黒ニッケルめっきは主に装飾用・機能用として、精密部品や小物などの小さなものに適用されます。例えば、自動車部品やカメラなどの光学機器分野、眼鏡フレームや事務用品・家電製品などの各種金具などがあります。

メタル感と敢えてムラ感を残した「黒ニッケルめっき+HL仕上げ」
メタル感と敢えてムラ感を残した「黒ニッケルめっき+HL仕上げ」

このような黒ニッケルめっきを、大型のめっき層を所有する協力会社と連携し、2mを超える外壁パネルに使用しました。設計者のご要望に合わせ、ステンレスの素材感を残しつつ、画一的なものではない自然な風合を両立した仕上げとして「黒ニッケルめっき+HL仕上げ」を提案し採用されました。

「黒ニッケルめっき+HL仕上げ」を施したステンレス外装パネル
「黒ニッケルめっき+HL仕上げ」を施したステンレス外装パネル
最大サイズのパネルにも関わらずサインを備えているため点検口パネルとなっている
最大サイズのパネルにも関わらずサインを備えているため点検口パネルとなっている

今回ご紹介するのは、2019年9月にオープンする「三井ガーデンホテル銀座五丁目」の1階の外壁パネル。3㎜のステンレス板に「黒ニッケルめっき+HL仕上げ」を施した最大1200㎜×2070㎜のカットパネルとなっています。粗いHLにてステンレスのメタル感とムラ感を敢えて出すことで、シックな高級感を演出しています。

仕上げ完了後にパネルを並べている様子
仕上げ完了後にパネルを並べている様子

「黒ニッケルめっき+HL仕上げ」の特色を活かしつつも、全体のバランスを崩さない統一感を保つために管理しています。

KIKUKAWAはお客様のご要望に合わせて、様々な仕上げの提案をいたします。その中には、「黒ニッケルめっき+HL仕上げ」のような過去に経験のない仕上げにもチャレンジし、最終的には外観と機能の両方の品質を担保した製品を納めます。

ご要望やご相談などありましたら、オーダー金属建材の会社ならではの提案や開発などの対応をしますので、ぜひご相談ください。

※KIKUKAWAは「三井ガーデンホテル日本橋プレミア」が入居する「OVOL日本橋ビル」にも参画しています。
プロダクト施工事例 – OVOL日本橋ビルのページはこちら