METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

トピックス

homeトピックス錆風塗装パネル

2019年2月12日

メタルワークNEWS

錆風塗装パネル

錆風塗装は、特殊な塗装技術と柄付けの組合せにより、鉄錆の風合を再現した仕上げ。鉄本来の経年変化である錆の渋みを活かしたい意匠に、周囲はもちろん、手に触れた場合でも汚れることなく、その質感を楽しめます。
KIKUKAWAでは、アイラスという名称でラインアップしており、色味や濃淡を調整することもできます。

採用された錆風塗装(アイラス:IR-02.1近似色)

採用された錆風塗装(アイラス:IR-02.1近似色)

アイラス(錆風塗装)他、特殊塗装のラインアップはこちら

今回ご紹介するのは、3㎜のアルミ板にウレタン系の錆風塗装を施した外装カットパネル(※)。緩やかなRがかかっているパネルに、赤味がかった錆風塗装が雰囲気を醸し出しています。

錆風塗装を施した緩Rカットパネル

錆風塗装を施した緩Rカットパネル

点検口付のカットパネルを取り付けている様子

点検口付のカットパネルを取り付けている様子

幅が約600㎜~800㎜のR面のカットパネルは高さが1600㎜、幅260㎜小口カットパネルは高さ3610㎜で構成。600㎜角のR付点検口パネルもすっきりと納まっています。

錆風塗装の色味を検査している様子

錆風塗装の色味を検査している様子

錆風塗装の仕上がりを並べて確認

錆風塗装の仕上がりを並べて確認

職人の手技が反映する錆風塗装ですが、パネルごとに風合が異ならないように管理しています。

本プロジェクトの錆風塗装の下処理は外部に委託しましたが、本塗装はKIKUKAWAの塗装工場で施しています。2019年1月にはアルミ用の下処理施設も増設し、今後は一貫した管理が可能になりました。
オーダー金属建材の会社ならではの特殊塗装にも、今後さらに取り組みますので、ご要望などありましたら、お問い合わせください。

ニュースリリース – 塗装工場設備を増設・強化はこちら

(※)錆風塗装は基本的に内装用の仕上げです。外部で検討される場合は、スペック前に一度ご相談ください。

お問い合わせはこちら