METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

KIKUKAWAの金属仕上ラインアップ - スチール

home金属仕上サンプル帳・各種カタログKIKUKAWAの金属仕上ラインアップ - スチール

Steel - スチール

鉄(スチール)は、金属材料の中でいちばん安価な材料で、使用される場面は多岐にわたります。しかし、生地のままだとサビなど耐食性が低い材料であることから、メッキ処理や塗装を施す必要があり、特に外部では使用条件に制約があります。そのため、金属の素材感を求める意匠や高級感のあるデザインには不向きとされてきました。そこでKIKUKAWAは、スチール仕上げの付加価値を高めるラインアップを用意しました。
フォジンクは、溶融亜鉛メッキの上に、りん酸亜鉛化成被膜処理を施したものです。塗装では出せない、独特で落ち着きのある味わいを表現するとともに、外部でも使用可能です。
特殊塗装/仕上は、さまざまな風合を再現することで、金属工事の可能性を高めるものです。一部を除いて、アルミなどの他の材料を母材にしたり、塗料の種類を選択することも可能です。また、ラインアップ以外の塗装・仕上についても対応しますので、ご相談ください。

※以下、画像はあくまでも参考として、実際は現物サンプルをご確認願います。

フォジンク:溶融亜鉛メッキ + りん酸亜鉛処理

PZ-01(淡色)
PZ-02(中間色)
PZ-03(濃色)

りん酸亜鉛処理とは、溶融亜鉛メッキされた鉄製品の表面に、化学反応によって無機質の結晶性皮膜(1~20μ)を析出・形成させる処理です。本来は、防錆のために溶融亜鉛メッキされた製品の光沢を抑えるなどのための処理ですが、美観を高める仕上げとして注目され、見直されています。
パネル・手摺・見切りなど建物の内・外装に、重厚感や人工的ではなく自然な仕上がりを求めるのに最適です。経年変化により徐々に濃淡が落ち着き、周辺景観と調和したものになっていくのも特徴の一つです。
材料成分の違いや板厚により、濃淡や模様は結果として表れますので、そのコントロールは非常に困難です。よって、ご採用の際には事前にご相談願います。

-下記リンクご参照ください-

フォジンク:溶融亜鉛メッキ + りん酸亜鉛処理 研ぎ出しクリアー

PZM-01(淡色)
PZM-02(中間色)
PZM-03(濃色)

溶融亜鉛メッキされた鉄製品に、りん酸亜鉛処理を施し、クリアーコーティング後、さらに研ぎ出し加工をしています。そのことにより、ミガキ石のような重厚感と高級感を際立たせる仕上げになります。また、クリアー+研ぎ出し加工を何層か繰り返すことで、さらに深みのある光沢を出すこともできます。
落ち着いた雰囲気やグレードの高い空間を演出する内装工事などの、パネル・見切り・飾り金物や家具などに、ご検討ください。
研ぎ出すためのクリアーの種類はウレタンのみになり、溶融亜鉛メッキ処理による表面の凹凸を完全には吸収できません。経年変化の抑止や濡れた質感を出すために、通常クリアーを施すこともできますので、ご採用の際には事前にご相談願います。

-下記リンクご参照ください-

特殊塗装/仕上:石目風塗装

CM-S1
CM-S2

特殊な塗装技術で、石目を再現した塗装の一例になります。CM-S1はウレタン塗料にて、CM-S2は高耐侯ポリエステル粉体塗料にて処理しています。
石材では加工が困難な形状のルーバーやボーダー、軽量化が求められる天井などに適しています。また、コストダウンとしても提案ができます。
アルミなどの他の材料を母材にしたり、CM-S1に関しては塗料の種類を選択することも可能です。また、他の風合の石目風塗装についても対応しますので、ご相談ください。

-下記リンクご参照ください-

特殊塗装/仕上:鋳肌風塗装(艶消し黒)

CM-C1

特殊な塗装技術で、鋳物の肌のような質感を出した塗装です。CM-C1はウレタン塗料の艶消し黒で処理することで、マットで落ち着いた雰囲気のある仕上げになっています。
金属塗装の単調さやフラット感に物足りなさを感じる場所や、鋳物や他材だと加工困難な箇所などに適しています。
アルミなどの他の材料を母材にしたり、塗料の種類や色調を選択することも可能です。また、斑(ふ)の質感も調整できますので、ご相談ください。

特殊塗装/仕上:ピアノブラック

CM-PB

グランドピアノのような、光沢のあるブラックを表現しています。映り込みも美しい、高級感が際立つ仕上げです。また、クリアー+研ぎ出し加工を何層か繰り返すことで、より深みを増すこともできます。
落ち着いた雰囲気やグレードの高い空間を演出する内装工事などの、パネル・見切り・飾り金物や家具などに、ご検討ください。
アルミなどの他の材料を母材にすることもできますが、クリアーの種類はウレタンのみになりますので、ご注意願います。

特殊塗装/仕上:アンティークブロンズ風塗装

CM-B1(淡色)
CM-B3(濃色)

特殊な塗装技術で、ブロンズの硫化イブシの風合を再現した塗装です。一見、本物にも見えるような、アンティークな仕上げです。
ブロンズの硫化イブシの落ち着いた雰囲気を再現し、ムラの少ない均一感が欲しい場合に適しています。
アルミなどの他の材料を母材にしたり、塗料の種類の選択も可能です。また、風合や濃淡を調整することも対応しますので、ご相談ください。

特殊塗装/仕上:緑青風塗装

GR-01.1
GR-03

特殊な塗装技術で、銅板の緑青の風合を再現した塗装です。斑模様の柄付けをすることにより、ソリッドとは違う立体感を味わうことができます。GR-01.1は本来の緑青の風合をアクリル塗料とメラミン塗料を合わせることで渋みを増した風合を出し、GR-03はウレタン塗料にて表現しています。
古風な雰囲気を特徴づけたい内装工事などに、ご検討ください。
アルミなどの他の材料を母材にしたり、風合や濃淡を調整することも対応します。また、GR-03に関しては塗料の種類を選択することも可能ですので、ご相談ください。

特殊塗装/仕上:アイラス(錆風塗装)

IR-02.1
IR-06.1

特殊な塗装技術と柄付けの組合せにより、鉄錆風の風合を再現した塗装です。アクリル塗料とメラミン塗料を合わせることで表現しているアイラスは、自然に調和した仕上げです。
経年変化の渋みや、ノスタルジーな空間を演出する内装工事などに、ご検討ください。また、手の届く場所においては、錆に触れているような質感を楽しむこともできます。
アルミなどの他の材料を母材にしたり、濃淡を調整することも可能です。耐侯性は、外部は基本的に適さないので、ご注意願います。

特殊塗装/仕上:黒染

DRS-B01.1

鉄の表面に、専用の化学処理液を塗布して反応させることにより、マットな風合のある黒色を表現する仕上げです。
落ち着いた雰囲気やアンティークな空間を演出する内装工事などの、パネル・見切り・飾り金物や家具などに、ご検討ください。
外部は基本的に適さないので、ご注意願います。また、微妙な色調調整や、大きさなどの制限がありますので、ご採用の際には事前にご相談願います。

低光沢高耐食鋼板

Z-02

マグネシウムとアルミニウムの効果により、優れた耐食性・加工性を実現した新しい高耐食性鋼板です。さらに、金属光沢を抑え、太陽光の反射低減する処理を施してあります。
下地にはもちろんのこと、パネル・見切りなどの建物の内・外装に適しています。また、K-LINE FACADEsにラインアップされている、外装エキスパンドメタル・パンチングメタル・パンチングルーバーも、あわせてご検討ください。
この鋼板は、日新製鋼のZAM PLUSという商品です。ZAMには他にも商品がありますので、ご相談ください。

-下記リンクご参照ください-

りん酸亜鉛処理仕上げの種類

素材溶融亜鉛メッキりん酸亜鉛処理2次仕上
スチール 素材厚mm 付着量g/M2 JIS記号
2~3以下 400以上 HDZ40 淡色

中間色

灰暗色
クリア塗装

カラークリア塗装

研ぎ出しクリア塗装
3~5以下 450以上 HDZ45
5~6以下 500以上 HDZ50
6以上 550以上 HDZ55
*処理能力 L:4500 W:1100 *上記組合せはご相談下さい。