METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

トピックス

homeトピックスツイスト(ひねり)加工

2018年7月27日

メタルワークNEWS

ツイスト(ひねり)加工

ツイスト加工とは、その名の通り、金属の材料をねじること。材料のままでは実現が難しいデザインや優美なフォルムを製作する技術です。KIKUKAWAでは、スチールやステンレス・アルミ・ブロンズに対応しており、対応形状はフラットバー(平板)や丸棒・型材です。

今回は、ツイスト加工が採用された内外装事例をご紹介します。

まずは、外装にツイスト加工が採用された、青森市文化観光交流施設「ねぶたの家 ワ・ラッセ」。

鉄とは思えない、風に赤い暖簾が揺れるような柔らかい意匠の「ねぶたの家 ワ・ラッセ」

鉄とは思えない、風に赤い暖簾が揺れるような柔らかい意匠の「ねぶたの家 ワ・ラッセ」。

ツイスト加工の角度や精度を確認するために、一枚一枚吊るします

ツイスト加工の角度や精度を確認するために、一枚一枚吊るします。

赤い鋼板のスクリーンは、板厚9mmで、幅が300mm、長さが12,000mmにもなり、その数は730本を超え、曲げの種類も220種ほどになります。意匠を長尺鋼板で実現するために、R加工やツイスト加工の実験データを積み重ねました。

この「ねぶたの家 ワ・ラッセ」に関する詳細は、当社の施工事例ページにてご覧いただけます。

青森市文化観光交流施設「ねぶたの家ワ・ラッセ」についてはこちら
https://www.kikukawa.com/product/nebutanoie-warasse/

次に、内装装飾品としてツイスト加工が採用された事例です。

左側は、異なるピッチにツイスト加工を行うことで、市松模様のようなデザインを実現。右側は、片面だけに仕上げを施すことで、白と銀の色味が斜めに交互にあらわれます。

異なるツイスト加工による雰囲気の違いがわかりやすい内装事例。

異なるツイスト加工による雰囲気の違いがわかりやすい内装事例。

建築界では、デザイン性の高さから手摺や門扉・面格子・壁面装飾・フェンスやルーバーとしても使用されるツイスト加工。ご相談やお困り事、製作可否などありましたら、ぜひお問い合わせください。