METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

トピックス

homeトピックスりん酸亜鉛処理パネルによるファサード改修工事

2018年11月13日

メタルワークNEWS

りん酸亜鉛処理パネルによるファサード改修工事

スチール製品の「美観」をさらに高め、重厚感や高級感、自然な質感を求められるところに適した仕上げである「りん酸亜鉛処理」。塗装では出せない独特の味わいを表現し、経年変化により除々に周辺景観と調和する特徴が、近年ますます注目され、人気を博しています。
材料成分の違いや板厚により濃淡や模様が結果として表れる処理であるため管理が難しいなか、KIKUKAWAは、経験とノウハウを蓄積することで、一定の統一感のある「りん酸亜鉛処理」仕上げを施す品質管理を確立しています。

今回ご紹介するのは、りん酸亜鉛処理パネルによるファサード改修工事。溶融亜鉛めっきの上に濃色のりん酸亜鉛処理(フォジンク:PZ-03)を施したパネルは、ギャラリーとして使用される施設の顔として、ふさわしい調和と落ちつきを演出しています。

濃色のりん酸亜鉛処理パネルによりシックな雰囲気を演出している

濃色のりん酸亜鉛処理パネルによりシックな雰囲気を演出している

りん酸亜鉛処理パネルによる改修前と改修後

りん酸亜鉛処理パネルによる改修前と改修後

改修前はショーウィンドーだったファサードが、スチール2.3㎜のカットパネルにて、リニューアルされました。りん酸亜鉛処理を施したパネルにより、雰囲気が一新しています。

連続した細長いりん酸亜鉛処理パネルは和風な趣を醸し出している

連続した細長いりん酸亜鉛処理パネルは和風な趣を醸し出している

15mに渡る48連パネルは、基準サイズがW283㎜×H3220㎜。大きな色違いもなく、統一感のある仕上がりとなっています。

エントランスの建具もりん酸亜鉛処理パネルで統一している

エントランスの建具もりん酸亜鉛処理パネルで統一している

W2100㎜×H2750㎜のエントランスの引分け自動扉は、鋼製フラッシュ扉となっています。同じく、濃色のりん酸亜鉛処理を施し、パネルとの統一感を出しています。

りん酸亜鉛処理パネルの仕上がりを決定見本と比較

りん酸亜鉛処理パネルの仕上がりを決定見本と比較

48連のりん酸亜鉛処理パネルを並べて検査する様子

48連のりん酸亜鉛処理パネルを並べて検査する様子

並べて検査することにより、極端な色違いパネルなどがないかを確認します。また、並べ替えることで、パネル間の不自然さをできるだけ排除しています。

りん酸亜鉛処理製品は、仕上がりの不安定さや、板厚・形状などの諸条件により制約が多くありますが、確立しているフォジンクの品質管理、提案力・技術力を最大限に活かし、お客様のご要望に対応してまいります。

KIKUKAWAのテクノロジー – りん酸亜鉛処理はこちら
KIKUKAWAの改修工事のページはこちら