Alumiére(アルミエール)

Alumiére(アルミエール)は、光輝アルミ合金に光沢やテクスチャを加えた仕上げ。
軽量なアルミの素材感を生かし、光沢や輝きを引き出して空間に様々な表情をつくり出します。

内外装の設計において、ステンレスのような金属光沢をアルミでも再現できないか、という要望は多くありました。そこでKIKUKAWAは、光輝合金パネルの製作実績を生かし、アルミエールを開発しました。
光沢、皮膜の種類、テクスチャーを自由に組み合わせることで、使用箇所や予算に合わせた様々な提案が可能です。例えばエントランスの壁など、多くの映り込みや強い光沢を得たい場所に、光輝アルミ合金のハイブライトの光沢を施し、廊下など落ち着いた場所には、ブライトの光沢を採用するなどの使い分けができます。

Alumiére(アルミエール)の特長

  • 従来はステンレス等で表現していた金属の光沢感を、約1/3の重さのアルミで実現
  • 光沢感とテクスチャーのバリエーションから、自由に選んで組み合わせることが可能
  • 光輝アルミ合金は、周りの風景を柔らかく映しこむ
  • KIKUKAWA独自のノウハウと技術力を駆使した、槌目やシルキーブラストなどのオリジナルテクスチャとの組み合わせが可能
  • 内外装建材の仕上げとして、特に、多様化するインテリア等でオリジナルな表現に対応

Alumiére(アルミエール)の概要

1)マテリアル名:Alumiére(アルミエール) ※商標登録申請中

2)材種:AL A5110 光輝アルミ合金

3)板厚、対応サイズ(槌目は要相談)
● 板厚2.0㎜曲げパネル:最大W1150㎜×H4000㎜
● 板厚3.0㎜カットパネル:最大W1200㎜×H4000㎜
※上記を超える場合はご相談ください。

4)仕上げパターン
● 光沢:ハイブライト / ブライト
● 被膜:シルバーアルマイト / 二次電解 / 染色アルマイトなど
● テクスチャー:槌目 / PHL(バイブレーション) / シルキーブラストなど

5)ラインアップ:下図 (屋外にて撮影。太陽光が映り込んでいる。)

Le-01
ハイブライトシルバ―

Le-02
ブライトシルバ―

Le-03
シルバー
(通常のアルマイト、比較用)

Le-04
ハイブライト槌目

Le-05
ハイブライトPHL
(バイブレーション)

Le-06
ハイブライトシルキーブラスト

Alumiére(アルミエール):STUDIO K+展示サンプル動画(Youtube)

WEB STUDIO K+:Alumiére(アルミエール)はこちら

光輝アルミ合金パネル 施工事例

すみだ北斎美術館

「周りの風景が淡く柔らかく映り込む」という妹島和世建築設計事務所の設計コンセプトを実現。 最大W1400×H5600にもなるパネルの光輝合金発色に決定するまでには、材料や表面処理のサンプルで何度も検討を積み重ねました。

詳しくはこちら

大阪芸術大学アートサイエンス学科棟

施工箇所により、光輝アルミ合金と純アルミを使い分けています。短納期の中、多様なサンプルとコスト比較を同時に提示することで、早期に仕様が決定しました。天井のゆるやかな曲線に沿って1枚ずつ高さ寸法を変えることで、解放感のある内装に寄与しています。

詳しくはこちら