METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

プロダクト施工事例

homeプロダクト施工事例エイベックスビル

エイベックスビル

エイベックスビル

エイベックスビル:SUS丸柱をはじめとした金属製品がピロティにて迎え入れる

役員会議室:左奥、ブラック・カラーステンレスの壁と天井パネルが高級感を醸成している

夜間のエイベックスビルの様子、金属パネルへの照明の反射が幻想的

●3つのテーマの実現に金属工事で貢献

青山通り沿いの南青山に建設された「エイベックス」の新本社ビルの金属工事にKIKUKAWAは参画しています。
計画当初は一般的なオフィスビルの設計だった新社屋が、昨今の時代の流れを取り入れ、新しい働き方を提案する「働きがいのある」オフィスに計画を変更。「コミュニケーション・コラボレーションが起きる」「エンタテインメント企業ならではの機能を備えている」を加えた3つのテーマを主軸にデザイン・設計されています。
そのテーマを実践する40mに渡る歩道からの広場を通り抜けた先、ビルの中へと最初に迎えるピロティの金属製品を中心に、KIKUKAWAは携わりました。

●KIKUKAWAのステンレス製品の品質(丸柱)

ピロティの顔ともいえる3本のステンレス丸柱は、3㎜のカットパネル仕様で、サイズはφ1500㎜×高さ9m。高さ方向は3mピッチで3分割し、断面は4分割しています。基本目地が15㎜のなか、広場側とビル側の縦目地は5㎜とする要望に対応するため、工場にて細目地部をセットし、半円ユニットを製作し現場に納めました。
一般的にステンレスは光沢度が高いため、スタッド痕が化粧面に出やすいなか、職人技を駆使して目立たないように処理。仕上げであるHLの通りやムラに対しても妥協することなく、KIKUKAWAのステンレス製品の品質を担保しています。

●アルミパネルを組み合わせたピロティ庇

ピロティを囲う庇屋根パネル、軒天井パネル、壁パネルは、アルミにフッ素樹脂焼付塗装を施しています。
軒天井パネルと壁パネルは、3㎜のアルミカットパネル。天井は基準1200㎜×2400㎜、壁は基準1200㎜×3000㎜で割りつけてあります。
庇の屋根部は8つのパーツで構成。2.5㎜のアルミパネルにて屋根、笠木、ボーダーや樋を組み合わせ、さらにグレーチングのメンテナンス歩廊を付属させています。
庇上部の幕板は、10㎜のリブが50㎜ピッチで横通しとなるように、新型の押出スパンドレルを製作し納めています。

●KIKUKAWAのステンレス製品の品質(カラーステンレス)

役員会議室の壁・天井のステンレスパネルについては、役員が使用する空間ということもあり、より高い品質を求められました。
仕様は、HL仕上げの上に、真空蒸着法により窒化チタンなどをコーティングしたブラック・カラーステンレス。1.5㎜の板にハニカムを裏打ちして、高水準に平滑度を保っています。
見えがかり部の曲げは角出し曲げを施し、同じくブラック・ステンレスの38㎜目地板とあいまってシャープさと高級感を演出しています。

KIKUKAWAのテクノロジー – 板金曲げ技術はこちら

●信頼のステンレス工事

「エイベックスビル」では、特にステンレス工事において信頼いただき、それに応える品質を実現することで、高評価をいただくことができました。
上記以外にも、3Fテラスのガラス手摺枠、アルミ丸柱、アルミ壁パネル、アルミ軒天井なども携わり、多岐にわたって参画できたプロジェクトとなりました。

【レセプション・カウンターも納めています。下記リンクをご参照ください。】
プロダクト施工事例 – エイベックスビル(レセプション・カウンター)

品名・施工個所 材質 仕上げ・加工
ピロティ 丸柱パネル ステンレス HL
ピロティ 庇パネル・
軒天パネル・壁パネル
アルミ フッ素樹脂焼付塗装
役員会議室
壁パネル・天井パネル
ステンレス HL+ブラック・カラーステンレス
ピン角加工
建物名称エイベックスビル
施主エイベックス 株式会社
設計株式会社 大林組
施工株式会社 大林組
竣工2017年
建設地東京都港区