METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

KIKUKAWAのテクノロジー

homeKIKUKAWAのテクノロジー板金曲げ技術

板金曲げ技術

一枚板で製作されたダイヤ型パネル(縦)とコルゲート曲げのパネル(横)

一枚板で製作されたダイヤ型パネル(縦)とコルゲート曲げのパネル(横)

多様なベンダー設備や金型、KIKUKAWAのノウハウと職人技を融合することで、さまざまな曲げ加工を高品質で行います。深曲げ、ピン角曲げ、鋭角曲げ、R曲げ、ジャバラ・テーパー形状や波型形状をはじめとする特殊曲げにも対応。最大加工サイズは8000㎜で、スチール・ステンレス・アルミ・銅合金をはじめとした金属の曲げ加工を、板厚最大6.0㎜まで対応します。また、他の金属加工技術と組み合わせることで、実現できる意匠の可能性が広がります。

主な特長・広幅、長尺に対応可能
・役物、複雑、特殊曲げ
機械・設備・プレスブレーキ
・ベンダー
・金属プレス
・ベンディングマシーン
対応可能素材・ブロンズ合金
・アルミ合金
・ステンレス
・スチール
・チタン
・その他金属
Max 板厚 6㎜
*各曲げに制約があるため、要相談
種類・鋭角曲げ
・ピン角(角出し)曲げ
・深曲げ
・R曲げ
・波型形状曲げ
・ジャバラ曲げ
対応サイズ最大W1600~2000×L8000
*上記を超える寸法は要相談

通常プレーナー曲げ(左)と角出し「ピン角」曲げ(右)の比較

■KIKUKAWAの曲げ技術

 

1) 機械の精度と多様性

業界最大級の8mベンダーをはじめとする10種類以上のベンダー設備と、深曲げ加工やR曲げを可能にする30種類以上の金型を保有しているため、さまざまな曲げに対応します。蓄積されたノウハウと最新設備との融合にて、中ダレのない均一な角度、歪みやそりのない曲げ加工など、精度の良い加工を施すことができます。

多様性の面でも、当社では板の端からR形状に曲げられる8m級の「ベンディングロール」や鋭角で均質な曲げを可能にする「深曲げ」用の金型を保有。金型保有だけでは品質確保が難しい「波型形状曲げ」も、ノウハウの蓄積によりコンピューターからのデータを実現化することができ、金属では珍しい布のような柔らかい表情も表現できます。

 

2) KIKUKAWAの曲げ加工ノウハウ

熟練技術者の経験と知識に基づき、各曲げに適した手順や工法、設備や金型を選定します。その経験や知識は、データ化され、同じ加工もしくは似た形状の加工の際に活用されます。日々蓄積したデータが受け継がれ、新たな技術開発の源となっています。

 

3) KIKUKAWAの総合力

プレーナー加工やレーザーカット加工など、他の金属加工と組み合わせることで、従来工法では難しかった「一品物」の製作を可能にします。曲げ加工を最大限に活用することで、溶接工程の削減や歪みのない高品質な製品づくりを行い、さまざまな意匠の実現に寄与します。
また、パンチング加工やレーザー加工といった他の金属加工と併用することで、特殊曲げや多様なデザインにも対応できます。

 

4) KIKUKAWAの挑戦力・開発力

オーダーメイドの製品販売という特性上、当社では日々新しい仕事に挑戦しています。変わりゆくお客様のご要望にお応えするためにも、保有する機械や金型、加工法のさらなる活用方法の研究を重ねています。

 

■KIKUKAWAの主な曲げ種類

 

1) ピン角(角出し)曲げ

通常の曲げ加工では、板厚や材質ごとに角に微弱な丸みがついてしまいます。シャープな縁を実現するために、当社ではプレーナー加工と組み合わせて加工します。バックリングの弾性範囲の実験データの蓄積、そしてひび割れや角度のバラつきを発生させない技術力で、シャープな角を作り出します。

 

2) 深曲げ加工・鋭角曲げ

特殊ベンダーと金型の工夫で、通常の金型では曲げきれない深曲げや鋭角曲げ加工にも対応できます。一般的な押出型材では実現不可能なデザインやサイズ、新規押出には量の少ない場合の曲げにも対応します。

 

3) 波型形状曲げ加工

蓄積されたノウハウと熟練技術者の技で、波打つカーテンのような柔らかい形状を、金属で表します。波の形状は、データから読み取ったものを実現化しているため、既製品では難しい不均一な曲げや押出材ではコストが合わせづらい少量生産、板材ならではのパンチング加工やレーザー加工との併用も対応可能です。

波型形状だけでなく、扇状のジャバラ加工も行うことができます。

 

4) R曲げ加工

当社のR曲げは、特殊金型を使用するため、曲げ跡のない高品質のR曲線を得ることが出来ます。

そのほか、円錐型(扇形)のR曲げやRの小さい加工、シビアな精度が求められるR加工、楕円形などRが一定ではない加工にも蓄積されたノウハウと職人技によって対応します。

 

5) 長尺・大板曲げ

当社では、8mベンダーを導入しているため、長尺・大板にも対応可能です。広幅・長尺・大板曲げで、パネルの大型化や目地の少ない意匠を実現します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
8mベンダー

 

■ご相談ください

既製品や押出材では難しい加工、少量生産といった加工も、当社では対応しています。
また、製品の材質・用途・形状・仕上げに適した段取りや手順を施しています。曲げのみの加工も承っていますので、製作可否含め、ぜひお気軽にご相談ください。

 

曲げ加工以外の設備についてはこちら
「オーダー金属加工」についてはこちら

お問合わせはこちら
お問合わせはこちら


通常プレーナー曲げ(左)と角出し「ピン角」曲げ(右)の比較


波形状の加工が施されたアルミの板材


R曲げ加工が施された長尺のブロンズ材


扇状のジャバラ形状が施されたアルミの板材

「板金曲げ技術」が使用されている施工事例