METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

トピックス

homeトピックスSUS鏡面 TIG溶接技術

2018年6月12日

メタルワークNEWS

SUS鏡面 TIG溶接技術

TIG溶接は意匠性の高い金属加工をする上で重要な技術であり、長年受け継がれてきたノウハウと職人技により、最終の仕上げも含め、顧客の要望に応えた意匠と品質を両立した製品をKIKUKAWAは提供します。

今回ご紹介するのは、鏡面ステンレスの平板の輪を立体的かつ複雑に組み合わせたモニュメント。8種類の輪が外形1mの球状の中に納まっていて、溶接で組み上げられたことを感じさせない、きれいな仕上がりとなっています。

sky-ball_1

空間をひきたたせるSUSモニュメント

sky-ball_2

溶接を施したことを感じさせないステンレス鏡面仕上げ

水平方向に配置された3㎜の板で製作されたリングを、6㎜の板で製作された垂直方向のリング状の外枠が固定しています。各ジョイントをTIG溶接で接合されたモニュメントは、見る角度により様々な表情をみせています。

sky-ball-welding_1

ジョイントをTIG溶接している様子

sky-ball-welding_2

入り組んだ箇所を職人技で対応

ジョイントごとに条件の違う固定箇所を、確かなTIG溶接技術で接合しています。全方位が化粧面であるため、溶け込み・ビート・ひずみ・溶接焼けなどの状況を細かく把握しながら、溶接しています。

sky-ball-welded_1

複雑なジョイント部。この後きれい仕上げられる

sky-ball-welded_2

外枠リングのジョイント溶接部(左:溶接直後、右:仕上げ後)

必要に応じた強度を確保した溶接を施しています。特に強度を必要とする外枠リングのジョイント部は、しっかりTIG溶接した後にも関わらず、きれいに仕上げられています。

KIKUKAWAでは、様々な溶接技術を保有しています。ファイバーレーザー溶接やFSWなどの先端技術から、職人技を必要とするTIG溶接まで、そのときに最適な工法を選択することで、お客様の要望に合わせた金属製品を製作します。

KIKUKAWAのテクノロジー-ファイバーレーザー溶接はこちら
KIKUKAWAのテクノロジー-FSW(摩擦撹拌接合)はこちら