METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

プロダクト施工事例

homeプロダクト施工事例POKKE(上野KSビル)

POKKE(上野KSビル)

透過性のあるアルミエキスパンドメタルで包まれたファサード

楕円球をカットしたような三次元形状のポケット

●ポケットのあるアルミエキスパンドメタルファサード

上野の御徒町中央通りに面する商業ビルである「POKKE」ビルのアルミエキスパンドメタルファサード工事にKIKUKAWAは参画しました。「ひと・もの・ことが集まり親しまれる場」にするために、特徴的なアルミエキスパンドメタルの外観はその一端を担っています。
透過性のあるエキスパンドメタルにて包みこまれたファサードは、角度や時間帯により表情が異なり奥行きが感じられ、一部をポケット状に加工することで表情の豊かさを演出しています。

KIKUKAWAのテクノロジー – エキスパンドメタル・ルーバーのページはこちら

●経験に裏付けられたエキスパンドメタル外装

三菱地所設計様から、ファサードデザイン決定ののち、コンセプトに共通点のあるキクカワ東京オフィスビルの見学及び設計相談の要請をいただきました。これまでの経験やノウハウを駆使し、新たな技術を投入することで「POKKE」のエキスパンドメタル外装は実現しています。
その約340㎡の外装ルーバーは、3.0㎜・開口ピッチ50㎜×100㎜のアルミエキスパンドメタルを採用。基準1200㎜×3930㎜のエキスパンドメタルは、菱形の開口が縦になるよう配置され、二次電解着色+艶消しクリアーにて裏面も含め仕上げられています。
スチール方立は溶融亜鉛めっき+りん酸亜鉛処理を施すディティールにて意匠性と防錆力が高まっており、化粧材を繋ぐブラケットは納まりが目立たないように工夫されています。

プロダクト施工事例-KIKUKAWAグループ東京オフィスのページはこちら
KIKUKAWAのテクノロジー-りん酸亜鉛処理のページはこちら

●エキスパンドメタルの三次元加工

巾3600㎜、高さ850㎜、奥行き400㎜のポケット部は、楕円球をカットしたような三次元の形状です。アルミエキスパンドメタルの三次元加工方法については、度重なる検証と試行錯誤を繰り返しました。
三次元の特殊架台の上にエキスパンドメタルをのせてハンマーでたたいてなじませるというシンプルな手作業。ターンバックルで固定し引っぱりながら、角度の厳しい箇所などはバーナーであたためながら慎重に成形してます。そこには、KIKUKAWAのチエと職人技が発揮されており、最終段階の調整には特に苦労したものの、網目も揃った切れやゆがみのない良品を製作することができました。
ポケットの内側に設置されたプランターパネルも、同様に三次元加工品で、3.0㎜のステンレスを専用油圧プレスにて成形、こちらにもKIKUKAWAの三次元技術がつまっています。

KIKUKAWAのテクノロジー-三次元加工技術のページはこちら

●Never Say No

エキスパンドメタルの三次元加工という経験したことのない難問にチャレンジし、その結果お客様の要求を実現できたことは、新たな経験とノウハウを生み出すことにつながりました。
KIKUKAWAの伝統である、「何にでも挑戦する」という姿勢と、「Never Say No」という精神が発揮されたプロジェクトといえます。

品名・施工個所 材質 仕上げ・加工
外装エキスパンドメタル アルミ エキスパンドメタル
三次元加工
二次電解着色+艶消しクリアー
プランターBOX ステンレス 三次元加工
フッ素樹脂塗装
建物名称POKKE(上野KSビル)
施主公益財団法人 鉄道弘済会
設計株式会社 三菱地所設計
施工第一建設工業 株式会社
竣工2017年
建設地東京都台東区