METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

トピックス

homeトピックス技術紹介パンフレット4種が完成

2019年11月25日

お知らせ

技術紹介パンフレット4種が完成

KIKUKAWAならではの金属加工技術を紹介するパンフレット4種が新しく出来上がりました。

パンフレットにまとめたのは、FSW(摩擦攪拌接合)ファイバーレーザー溶接8mベンダーインクリメンタルフォーミングです。いずれも、これまでホームページ上でご紹介していたものですが、紙媒体でも見られるようにまとめてほしいというお客様の声にお応えしました。

各技術で実現できること、加工制限などの情報に加えて、サンプルや実用例の写真も掲載しています。

これらの技術は、いずれも建築用の金属加工としては稀有なもので、最先端の設備で技術研究を進めながら活用しているものもあります。


【FSW(摩擦攪拌接合)】
摩擦熱と回転力を使って、平らな金属材を接合する最先端の技術です。従来の溶接方法に比べて、歪み少なく高強度の接合が出来、長尺や広幅の板材も実現できます。
『FSW(摩擦攪拌接合)』のパンフレットは、こちら
テクノロジーの詳細は、こちら
https://www.kikukawa.com/technology/fsw-friction-stir-welding/


【ファイバーレーザー溶接】
最新のロボット技術と溶接技術を融合し、高強度で熱影響の少ない高品質な溶接を実現します。曲線をはじめとする3次元形状や長尺溶接を得意としています。
『ファイバーレーザー溶接』のパンフレットは、こちら
テクノロジーの詳細は、こちら
https://www.kikukawa.com/technology/fiber-laser-welding/

【インクリメンタルフォーミング】
金型を使わずに金属材を成形する技術で、これまでの加工方法に比べてより複雑な形状の製品を一品から製作することが出来ます。現在も技術研究が進められているため、データ収集や塑性加工形状の製作検討も行えます。
『インクリメンタルフォーミング』のパンフレットは、こちら
テクノロジーの詳細は、こちら
https://www.kikukawa.com/technology/incremental-forming/

【8mベンダー】
業界最大規模の8mの長尺曲げができる曲げの機械です。簡単な曲げはもちろん、扇形や蛇腹形状の曲げも正確に実現します。
『8mベンダー』のパンフレットは、こちら
テクノロジーの詳細は、こちら
https://www.kikukawa.com/technology/8m-press-bender/


各技術の詳細や工場見学をご希望の方は、こちらよりお問い合わせください。

お問い合わせは、こちら
https://www.kikukawa.com/contact/mailform/