METAL ARCHITECT KIKUKAWA

menu

KIKUKAWAのテクノロジー

homeKIKUKAWAのテクノロジーシルキーブラスト®仕上げ

シルキーブラスト®仕上げ

シルキーブラスト®仕上げを施した階段の壁面

シルキーブラスト®仕上げを施した階段の壁面

ブラスト加工とは、さまざまな材質のブラスト(投射)材をさまざまな材質の板材や製品に衝突させる表面処理法です。
金属製品では、主に塗装などの下処理に使われていました。それ以外にも、その質感を化粧仕上げとして転用することもありましたが、色ムラの問題もあり、品質にバラツキが生じることも多くありました。
そこでKIKUKAWAは、独自のノウハウと技術力を駆使することで、このブラスト加工を化粧仕上げ「シルキーブラスト®」へ向上させました。「シルキーブラスト®」とは、金属でありながら「絹のような光沢のある仕上げ」です。素材感を活かしつつ、光沢度合いやざらつきも異なる表情を作り出せるため、内外装や設備など、幅広い用途に適用できます。
KIKUKAWAの「シルキーブラスト®」対象材は、アルミやステンレス・銅合金・スチール・チタンで、対応サイズや板厚は、製品形状やブラスト(投射)材によって異なるため、要相談となります。また、他の金属加工技術との組み合わせにも対応しています。

主な特長・ブラスト(投射)材の種類、大きさなどにより、仕上げの調整可能
・ステンレス特有の高級感を活かした仕上げ
・カスタム仕上げ対応可能
対応可能素材金属材
・スチール
・ステンレス
・アルミ
・ブロンズ
・チタン
各種、板厚0.5mm以上が対象です。
種類ブラスト(投射)材
・ビーズ
・ジルコン
・サンド
・アルミナ
対応サイズW2500×L6000
上記を超えるサイズも対応しておりますので、ご相談ください。

ステンレス・パネルの小口を空気式で「シルキーブラスト®」仕上げを施していく様子

■ブラスト加工とは

ブラスト加工とは、ブラスト(投射)材を金属やプラスチック・ガラスなど、さまざまな板材や製品に衝突させることで行う表面処理で、加工後の表面の状態からナシジ(梨地)加工と呼ばれ、他にもショットブラストやビーズブラスト加工・サンドブラスト加工として知られています。
投射方法やブラスト(投射)材を工夫することで、さまざまな質感や効果を得られるため、活用する産業分野は航空宇宙や自動車・建設・鋳造・造船・鉄道・電子部材(スマートフォン)など、多岐にわたります。

 

■ブラスト加工の用途

ブラスト加工の主な用途は、投射する対象を磨く・荒らす・削る・取り除くこと。一般的には、機能性あるいは芸術性を高める加工として、ブラスト(投射)材を、鋳物や陶磁器・ガラス・石材・金属など、さまざまな材質に吹き付けます。
主なブラストの投射方法は機械式・空気式・湿式です。機械式とは、モーターの回転力を利用した方法で、ブラスト材を回転する羽根車に乗せることで投射します。空気式(別名エアーブラスト)では、ブラスト材を空気流にのせて、対象材へ噴射あるいは吸引します。最後に湿式の場合、ブラスト材を水に混合させて、噴射していきます。
いずれもブラスト(投射)材の材質や粒子サイズ・量を変えることで、さまざまな質感を実現できます。例えば、細かなブラスト(投射)材を用いた場合、滑らかで上品な仕上がりになりますが、粗いブラスト(投射)材を用いた場合、凹凸が目立つ荒々しい表面となります。
他にも、投射するスピードやブラスト材の密度・投射距離・圧力といった要因も、風合いを変える要因となるため、管理するノウハウが必要となります。
実現できる多様な質感を活かして、粗いブラスト加工は傷隠しやバリ取り・汚れ落としとして、反対に滑り性を向上させるために細かなブラスト(投射)材が使われることもあります。身近な例では、滑り止めのために施された金属材への加工や、ガラスを白く曇らせる「フロスト」加工法があります。
金属では、もともと塗装剥がし、あるいはメッキなどの後仕上げの密着率向上のために下処理として発達しましたが、近年では化粧材の高級仕上げとしても使われています。また、部分的に施すことで、サインや看板の模様付けといった使用例があります。
投射方法にもよりますが、通常、板材など平面であれば均一な加工が容易ですが、曲面や小口・溶接後の後処理としてブラスト加工を行う場合は、作業の難易度は上がります。

 

■ブラスト(投射)材の種類

ブラスト(投射)材は、主に樹脂や植物・ガラスビーズ・金属(アルミナ*など)・セラミック(ジルコン**含む)・砂石(サンド)と、さまざまです。
金属やセラミックを使用すると、粗い表面仕上がり(凹凸の多い表面)となり、樹脂や植物・ガラスを使用するとより滑らかな表面となります。
金属仕上げで一般的に使われるのは、ビーズ(ガラス)やジルコン**・サンド・アルミナのブラスト(投射)材です。

*アルミナ:アルミの原料。「ボーキサイト」という原鉱石を精製することで、取り出される純白の粉体。
**ジルコン:シリコン系のブラスト材で、ガラスより割れにくいという性質を持つ。模造ダイヤとしても知られる結晶質ジルコニアと、非結晶室酸化珪素を溶解することで、出来るジルコンの研磨材。

 

■ブラスト加工を金属仕上げに採用する際の注意点

ブラスト加工は、さまざまな質感をさまざまな形状のさまざまな材質の製品に適用できるため、非常に使用用途が幅広い加工法ですが、金属化粧材として活用する場合には、下記留意点が考えられます。

・ブラスト(投射)材を当てることで、対象材に存在した防錆処理や不動態皮膜が剥離することが予想されます。さらに指紋が付きやすく、取れにくくなるため、再度防錆処理を行うといった後加工が必要となります。

・金属板材の場合、ブラスト(投射)材をあてた面は微弱に伸びるため、板材の歪みとなります。そのため、平坦な板材が必要とされる場合、矯正作業が発生します。

・母材を活かす仕上げであるため、板材の傷や凹凸がそのまま反映されてしまう場合があります。板材の時点で修正するか、粗い仕様にするといった対処法が考えられます。

・材料ロットが違うと、色ムラにつながる恐れがあります。

 

■KIKUKAWAのブラスト加工

KIKUKAWAでは、お客様のご要望に合わせたブラスト加工を行っています。対応材質は、アルミやステンレス・銅合金・スチール・チタンで、対応板厚はブラスト材にもよりますが0.5mm以上です。
基本的な対応サイズは幅2500㎜×長さ6000㎜ですが、ネジのような小さいものから、全長18mものパネルなど、さまざまなサイズに対応しています。対象製品の形状・ブラスト材の種類によって、最も適切なブラスト方法を選定しているため、対応サイズが都度異なる場合がありますので、一度ご相談ください。

  • 1.「シルキーブラスト®」仕上げ

「シルキーブラスト®」は、ステンレスでありながら「絹のような光沢のある仕上げ」です。お客様のご要望に応えるために開発し、高い評価をいただいています。
この仕上げはステンレスの表面に、さまざまなブラスト(投射)材を吹き付けることで完成します。従来のビーズブラストに代表されるブラスト仕上げ(加工)を、KIKUKAWA独自の技術力とノウハウを駆使することで、ムラなく高級感のある化粧仕上げへと向上させました。素材感を活かしつつ、光沢度合いや、ざらつきも異なる表情を作り出せるため、カスタムとしてもご対応できます。
対象となる素材がステンレスということもあり、「シルキーブラスト®」は、内装だけでなく、外装や設備など幅広い用途にご使用いただけます。小口のブラスト仕上げも対応しているため、さまざまな製品形状での対応が可能です。また、KIKUKAWA独自の技術で不動態皮膜を人工的に施すことで、ステンレス本来の特性を強化し、美しさをより長い間楽しむことができます。
伝統技術と先端技術を高次元で融合することで実現したKIKUKAWAの美しく表情豊かな仕上げ。サンプルの写真は下記リンクよりご参照いただけます。

KIKUKAWAの「ステンレス仕上げサンプル」についてはこちら

 

  • 2.KIKUKAWAの不動態皮膜

前述の不動態皮膜は、そもそもステンレス材に自然に発生する保護被膜で、ステンレスが長期間、錆びずに美しさを保つ理由です。
ステンレスの化合物の一つである金属のクロムが酸素と結びつくことで、不動態皮膜は形成されます。被膜厚が1nm***(ナノメートル)程度という薄さですが、緻密で密着性も高く、科学的に安定しているため、ステンレスの光沢が失われません。また、傷や破損によって部分的になくなっても、すぐに再生するという性質を持っています。
しかし、この自然に発生する保護皮膜はブラスト加工時に、剥がれてしまいます。KIKUKAWAでは、ステンレス本来の特性を強化し、美しさをより長く保持するために、自然な保護被膜が形成される前に、人工的に均一な不動態皮膜を生成する技術があります。

***nm(ナノメートル): 1ナノメートルは、1メートルの10億分の1(10−9 m)。

 

  • 3.KIKUKAWAのブラスト仕上げの施工事例

お客様のご要望にお応えするために開発された「シルキーブラスト®」は、ジョイント目地のないスッキリとしたピロティの丸柱やブランド店の内外装など、さまざまなカタチでお客様やデザイナーの皆様の夢を実現しています。数例をご紹介します。

一括でKIKUKAWAの「シルキーブラスト®」仕上げの施工事例を検索するにはこちら
KIKUKAWAの「シルキーブラスト®」仕上げの施工事例

 

□ステンレス

◆MIHO美学院MIHOチャペル

KIKUKAWAのステンレス仕上げサンプル帳にも掲載されている、MIHO美学院MIHOチャペル用に開発された仕上げ「2-Z+R10」。扇を丸めて一点で閉じたカタチのファサードは、一枚18.5mにもおよぶ長尺ステンレスパネルを一枚一枚、微妙なねじれ加工を加えることで、形成されています。
このように、材料表面の質が落ちる広幅・長尺板や、4mm以上の中板でも、安定した美しい仕上げを施すことが出来るよう、仕上げの光沢を抑えた仕上げとなっています。

プロダクト施工事例 – MIHO美学院MIHOチャペルはこちら

 

◆刀剣博物館

ステンレス工事の中でも、日本刀のように一切の無駄を省いた姿や形を実現する意匠を、「シルキーブラスト®」仕上げで表現しました。ビーズブラストの梨地の中にも残る淡い輝き、表面に映るムラのない風景が、細目地とあわさり、重厚さと清廉さを演出しています。

プロダクト施工事例 – 刀剣博物館はこちら

 

◆東京駅丸の内駅舎

10mを超える、南北ドーム内部の天井まで伸びるステンレスの丸柱。人の手が届く下段パネルは、不動態皮膜処理を施し、ステンレス本来の特性を強化しています。金属の均一な質感を「シルキーブラスト®」仕上げで表現するだけでなく、汚れや指紋がついてもクリーニングの手間がかからない工夫がされています。

プロダクト施工事例 – 東京駅丸の内駅舎はこちら

 

◆中京大学 名古屋キャンパス 新1号館(図書館・学術棟)

「翼竜のたまご」と題された巨大なモニュメントは、金属で出来た「翼竜のたまご」と「翼竜の足」が吊るされています。「シルキーブラスト®」が施された「たまご」のステンレス・パネル部は、その特殊な形状を実現するために、3次元形状に加工してからブラストするという、難易度の高い仕上げ加工となりました。

プロダクト施工事例 – 中京大学 名古屋キャンパス 新1号館(図書館・学術棟)はこちら

 

□他金属建材

◆アルミニウム

某ブランドの研究施設の内装品として、天井や階段周り、エントランス部にアルミの「シルキーブラスト®」仕上げを施した製品が納品されています。通常のアルミ材では、表面が白濁してしまいますが、KIKUKAWAでは光輝材と特殊研磨を施すことで、淡い輝きを放つ仕上げを完成しました。

◆昭和館(チタン)

後世に、戦中・戦後の生活を伝える施設である昭和館は、外部からの資料への影響をなくすよう、窓や開口部を可能な限り設けない外観となっています。縦横のラインが強調される特殊な造形は、チタンの外装材にアルミナ・ブラストを施したことで完成しました。

 

■ご相談ください

KIKUKAWAでは、高級仕上げとしての特注ブラスト加工を、さまざまな材質で多用な金属へと行っています。パネルや建具・見切り・飾り金物など、建物の内外装やインテリアに、金属の質感を残しつつ落ち着いた雰囲気を作り出すことが出来る、この仕上げ。光沢や目の調整についても対応します。伝統技術と先端技術を高次元で融合することで実現したKIKUKAWAの美しく表情豊かな仕上げをぜひご活用ください。


ステンレス・パネルの小口を空気式で「シルキーブラスト®」仕上げを施していく様子


ステンレスにシルキーブラスト®を施した場合。下部3種はカスタム対応の例で、ステンレス材やブラスト材を変えている。(菊川のサンプル帳より抜粋)


不動態皮膜の暴露試験。暴露開始から4年後、右半分の楕円パイプのみ不動態皮膜処理を施した。(写真撮影:2018年9月)


ブラスト加工は他の金属加工と組み合わせることができます。シルキーブラスト®と曲げ加工を組み合わせ、丸柱として納品した事例

「シルキーブラスト®仕上げ」が使用されている施工事例